SAL

MENU

作成日時:2023.03.03
更新日時:2023.03.06

【日本代表】強敵・タイ代表を4-1で圧倒!次戦は5日、準決勝でサウジアラビアと対戦|6カ国国際親善大会

PHOTO BY勝又寛晃

3月3日、日本代表はタイのイースタン・ナショナル・スポーツ・トレーニングセンターで行われている6カ国国際親善大会のグループリーグ第2戦・タイ代表戦に臨み、4-1で勝利を収めた。

中村充が嬉しい代表初ゴール!

開催国であり、アジアの強豪・タイとの一戦に臨む日本のスターティングメンバーはGK黒本ギレルメ、FP、オリベイラ・アルトゥール、水谷颯真、逸見勝利ラファエル、平田・ネト・アントニオ・マサノリの5人。

主導権を握り、握られる展開が繰り返す中、第1ピリオド8分に均衡が破れた。金澤空が高い位置で球際を制してボールを奪うと、右足を振り抜いてネットを揺らした。

次にゴールが生まれたのは13分。右サイドの低い位置でボールを受けた石田健太郎が縦方向へロングボールを蹴る。斜めに抜け出してきた清水和也が右足ダイレクトで合わせ、角度のない位置からファーサイドへシュートを叩き込んだ。2-0とした直後、日本はゴールに近い距離でシュートを打たれたが、黒本が驚異的な反射神経でファインセーブ。流れを相手に渡さなかった。

日本が2点リードで迎えた第2ピリオド。GK田淵広史、FP石田健太郎、堤優太、中村充、清水和也がスタートでピッチに立った。

25分、右奥でボールを受けた水谷は、エリアいっぱいまで飛び出してくるGKの頭上を越すループシュートを沈め、スコアを3点差に広げた。

日本が優位に試合を進めていたが30分、エリアを飛び出した田淵が相手選手の進行を妨げとされ、第2PKを献上してしまう。しかし相手のシュートは枠の外へ飛び、ピンチを免れた。

31分、日本は敵陣左サイドでFKを獲得する。キッカーのアルトゥールがゴール前へシュート性のパスを蹴ると中村がヒールで合わせ、代表初ゴールをマーク。これでスコアを4-0とした。

試合は残り5分を切ろうとしたところで、タイがパワープレーを開始。直後にミドルシュートを決められて今大会初の失点を許してしまう。それでも、アルトゥール、逸見、水谷、平田のセットが慌てず相手の攻撃に対応し、タイとの試合は4-1で勝利。

2勝を収めた日本のグループ1位が決まり、5日に控えるサウジアラビアとの準決勝へ駒を進めた。

【試合結果】
⚔️6カ国国際親善大会
?日本4-1タイ

8′金澤空
13′清水和也
25′水谷颯真
31′中村充
36′失点

<日程>

グループステージ:3月1日-3日
ノックアウトステージ:3月5日、7日

<組み分け>
グループA:タイ、日本、モザンビーク
グループB:イラン、エジプト、サウジアラビア

<試合予定>
3月5日(日)日本時間22:00 準決勝 vsサウジアラビア
3月7日(火)日本時間17:30 3位決定戦
3月7日(火)日本時間20:00 決勝

※5日には5位、6位決定戦、7日には3位決定戦も実施

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼