SAL

MENU

作成日時:2023.09.09
更新日時:2023.09.09

【F1第14節|記者会見/しながわvs町田】シュート本数で上回りながら完封を許して3連敗。しながわ・岡山孝介監督「決めなきゃいけない試合だった」

PHOTO BY高橋学

9月8日、駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場にて、しながわシティとペスカドーラ町田が対戦した。

第1ピリオドから互いに強度の高いプレスをかけ合い、GK攻撃も交えながら決定機を狙うなか、しながわはダニエル・ホザや笠篤史が果敢に攻め上がってチャンスをつくり出す。しかし14分、カウンターのチャンスから一転、逆にカウンターを受け、数的不利の状況から失点。

第2ピリオド28分にも、GK・黒本ギレルメを含めて前がかりになった局面でボールを失い、ロングシュートを決められると、追撃のゴールを奪えないまま0-2で試合終了。ホームで手痛い3連敗を喫した。

試合を終え、岡山孝介監督とキャプテンの白方秀和が記者会見に出席した。

悪くないが十分ではない

●しながわシティ|岡山孝介監督

──試合を振り返って。

非常に残念な結果になりました。ただチームとして前進してる部分も多々ありますし、課題ははっきりしているので、次戦まで1週間空くので、その間にしっかり立て直して、前を向いて頑張っていきたいと思います。

──8月13日のホームゲームから9月3日の試合まで少し時間が空きましたが、そこでは後半戦に向けてどんな取り組みをしたのか、今日話に出た課題というのは、そこにもつながってきているものなのかを教えてください。

まずは点を取るところですね。そこに関しては今日もですし、前節も同じです。ゴール前3分の1のエリアまで入れても、点を取りきれない。前節はその一つ前段階から、攻めてる割にチャンスすら少ない状況でしたが、今日は決定機も何度もあったし、決めなきゃいけない試合でした。最後の打開力については、中断期間にも取り組んでいましたが、まだ足りなかったということだと思います。そこはもう自分の責任としか言いようがないので、1週間だけですが次の試合まで時間があるし、アイデアは色々と用意しているので、なんとか改善できるように頑張っていきたいと思います。

──今日は出場時間がありませんでしたが、大塚選手について、普段はスポットで起用していることが多いかと思います。短い出場時間のなかで、彼に求めていることや役割を教えてください。

他の人にないようなフィジカルやポテンシャルをもっているので、一発奪いに行くとか、前に起点になるプレーを期待しています。今日は試合の流れの関係で出せませんでしたが、いいものはもってるので、なんとか生かしてあげたい気持ちはあります。ただちゃんとフットサルをやるのは今シーズンが初めての選手ですし、もちろんパワープレーをやるのも初めてだし、相手もGK攻撃を仕掛けてくるなか、いろいろ加味すると今日起用するのはちょっと難しいところがありました。ただ紅白戦では点を取ったりいい部分も徐々に見せ始めているので、今後に期待したいです。

──前回の町田のホームでの開戦の時に、クワトロから綺麗に崩して、笠篤史選手がゴールをしていました、今日の試合に関してはうまくクワトロの形がハマらなかったように見えました。監督としては町田のプレスと自分たちのプレス回避がどっちが優勢だとみていましたか。

前半はうちのほうが良かったと思っていますが、時間を追うごとにペースを乱してしまったり、セットによって波が出た部分はあったかなと。どっちがというほど差はなかったような気がします。クワトロ自体も今日はそんなに使っていなくて、それでもちゃんとピヴォに当てて前進してるとこもあれば、簡単に奪われるところもあったし、悪くないですけど十分ではないっていう感じですかね。

──GK攻撃への評価は?

結論から言ったら足りないですね。先ほど決定機もあったとは言いましたが、カウンターも多かったし、去年までできてたことが発揮できていないっていうのが正直なところです。

─それは時間が解決するものでしょうか?

時間と結果ですね。こういう時ってみんな少しずつ自信を失ったりとか、消極的になってしまいます。時間をかけると同時に、どっかでやっぱり結果が出れば、もっとポジティブな方向にチームを進むと思います。内容が悪くても、1試合勝つっていうことが、今はまず大事ですね。

──次戦に向けて。

とにかく気持ちを切らさないで、しっかりシーズンを戦い切りたいと思います。

結果を出して、自然体でプレーできるように

●しながわシティ|白方秀和

──試合を振り返って。

とにかくこの苦しい状況を抜け出さないといけないと思います。結果が出ず、順位も下の方にいるので、本当にもっと危機感をもってやらないと厳しいなと感じています。

──白方選手としては、今の監督の気持ちを聞かれてみてどうですか。

もっと精度を上げないといけないのはもちろんですし、岡山さんが言ってたように、結果が出てないことによって、消極的というか、最後のパスがずれたりすることもあります。結果がついてくれば、もっと自然体でプレーできるようになってくるので、順位も順位ですし、内容よりも結果にこだわっていく姿勢がチームを変えることにつながると思います。

──次戦に向けて。

先ほども言ったように、もう結果にこだわってやるしかないので、一生懸命、いい準備をしていきたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼