SAL

MENU

作成日時:2023.09.30
更新日時:2023.10.07

【日本代表】山中翔斗、代表エンブレムを背負う覚悟とポジション争い「1対1は自信がある。堤選手、原田選手に負けない」

PHOTO BY本田好伸

日本代表は9月28日、AFCアジアカップ予選に向けた活動をスタートした。10月1日までは、高円宮記念JFA夢フィールドで毎日、午前・午後のトレーニングを行い、その後、大会が行われる台湾へと移動し、7日に初戦を迎える。

山中翔斗は2023年4月に初招集されてから、これで3回目の代表活動となる。Fリーグでも頭角を表した若きレフティは、現在地をどのように捉え、どのように大会に向かっていくのか。初日の練習後に話を聞いた。

【日本代表】メンバー&スケジュール

↓日本代表の全てがここにある↓



いつもとは違うピリッとした雰囲気

──初日の練習はいかがでしたか?

みんなで強度高く、ハードワークができました。合宿自体は、いい入りができたと思います。

──雰囲気はいかがでしたか?

今回はアジアカップ予選が控えているということで、いつもの遠征とは違うピリッとした雰囲気がありますが、アップなんかはみんなで楽しく、ちょっと笑顔もありながらできてるので。とてもいい雰囲気だと思います。

──今日の練習はほぼ4-0でしたが、木暮賢一郎監督の戦術はいかがですか?

僕たちは、木暮監督が求めていることに応えないといけないです。4-0は、チームではあんまりやっていないので、学ぶことがすごく多いです。常に考えながら動いています。

(戦術理解は)まだまだ足りないところがあるんですけど、ちょっとずつ意識を高めて、理解して、チームにフィットしていきます。

──左利きのアラには堤優太選手、原田快選手がいます。ポジション争いについていかがですか?

1対1は自信があります。そこに関しては、堤選手、原田選手に負けないです。



エンブレムを背負う以上、常に覚悟はある

──今回、ブラジル遠征を戦ったメンバーのうち、伊藤圭汰選手が外れました。町田所属の選手は山中選手一人ですが、他の選手とのコミュニケーションはいかがでしょうか?

年齢の近い金澤(空)選手、この合宿だと、もともとペスカドーラでやっていた(中村)充タケ(本石猛裕)と仲良くやってます。遠征も3回目ですし、コミュニケーションの部分では問題ないと思います。

──今回の代表発表後、伊藤選手と話されましたか?

特に、圭汰が外れてからからなにか話したとかはないですね。ブラジル遠征が終わって今回の遠征まで1週間ぐらいでしたし、もともとブラジル遠征の時に、圭汰と「頑張っていこう」と話していたので。

──ブラジル遠征から、その短い期間で合宿が始まり、アジアカップ予選へ。今の気持ちはいかがですか?

ブラジル遠征の時からアジアカップ予選は視野に入れていましたし、自分が選ばれるんだという気持ちでブラジルに行きました。日本代表のエンブレムを背負う以上、常に覚悟は持っていますし、遠征や公式戦で思いは大きく変わらず、強いままです。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼