SAL

MENU

作成日時:2023.10.20
更新日時:2023.10.23

平井成美・私服編「メイクはナチュラルに、自分らしく」|映像インタビューで伝える、女子フットサルの魅力【Fクイーンズ】

PHOTO BYSAL

日本女子フットサルリーグ、通称「女子Fリーグ」で日々高みを目指し戦う選手たちの競技に懸ける想いと魅力に迫る、映像インタビュー【Fクイーンズ〜私たちが戦う場所〜】。

“競技編”に続いて、平井成美の素顔に迫る。

撮影の集合時間より30分も前に到着した彼女と談笑するうちに、その人柄に惹き込まれた。

「クールそうとか、あんまりしゃべらなそうって言われるんですよね」

たしかに、ピッチに立つ振る舞いを見る限りでは、ストイックに打ち込む寡黙な印象もある。しかし、目の前で屈託のない笑顔で話す彼女はあまりに自然体で、親しみ深い。

それでいて、ユーモアと思慮深さも備えている。魅惑の女性だ。

インタビューを通して、あらためて確信する。裏も表もなくナチュラルで、それでいて、己の決めた道に突き進める、信念の人。

ユニフォーム姿の凛とした魅力とはまた違う、彼女の“私服”の姿をお届けする。

平井成美・競技編「仲間のためにどれだけ体を張れるか」

インタビュー・青木ひかる
映像・大西浩太郎

スポーツ一家で育った幼少期

──家族構成を教えてください。

父、母、兄の4人家族です。

──どんな両親ですか?

母はもともとサッカーを、父は野球を、兄もサッカーをやっているので、スポーツ一家です。

──どんなお兄さんですか?

サッカーではヘディングがうまいと言われていました。すごく真面目で、おとなしい性格です。

──家族との一番の思い出を教えてください

昨シーズンの全日本選手権で、甥っ子を含め、私の試合を初めて家族全員が見に来てくれたことです。

甥っ子はまだ小さくて、それまでサッカーの練習があんまり好きではなかったみたいなんですけど、私の試合を見てから今までよりもっとフットサルとサッカーに興味をもってくれたことが、すごくうれしかったです。

メイクはナチュラルに「自分らしく」

──試合中のメイクのポイントはありますか?

常にナチュラルメイクで「自分らしく」を意識しています。あとは日焼け止めを塗ることです。

──普段のファッションや髪型へのこだわりを教えてください。

amel (エイメル)というブランドの服が好きなので、そこで買った服をよく着ています。

髪は、その時の私服に合った髪型にしています。

──今日の私服のポイントを教えてください。

今日はシースルーを着て、少し肌を見せて夏らしさを出しています。あとは、黒で統一してちょっときれいめ感を意識しました。

──ケアにはどれくらい時間を使いますか?

美容のケアは毎日、美顔器を使っています。体のケアは練習が週4、5回あるので、常に疲労を溜めないように温泉に行ったり、お風呂に必ず浸かるようにしています。

──チャームポイントはどこですか?

両方のエクボです。

──日焼けをしないのはメリットですか?

やっぱり、サッカーはすごく日焼けするなって思っていました。フットサルは室内なので、あんまり日焼けをしないなとは思うんですけど、それでも日焼け止めを塗っていますね。

──インスタ映えのポイントは?

インスタには自分の好きなことを載せています。あとはいちフットサル選手として、意味のあるものを載せるようにしています。

──休日のオススメの過ごし方は?

1日休みはなかなかないんですけど、地元が静岡なので、有名な「サウナしきじ」にはよく行きます。あとは少し離れたところにいいお寿司屋さんがあったりするので、その時に自分の食べたいものを探して、いろんなところに行って、いろんな人としゃべるようにしています。そこでまた新しい友達や知り合いができることが楽しいです。



自分で決断したことは、必ずやり遂げる

──自分を構成する3つのワードは?

「向上心」「実行力」「感謝」です。

──それぞれ解説をお願いします。

私はフットサルをプレーするにあたっても、必ず目標を立ててきました。

まずは、仕事のために歯科衛生士の資格を取ること、日本代表になること、ラスボニに入ることがこれまで立ててきた目標で、すべて達成してきました。自分で決断したことを必ずやり遂げるのは、自分のなかで決めています。

あとは、今フットサルができているのも周りで支えてくださっている人のおかげなので、感謝しています。

──感謝はどなたに伝えたいですか?

職場だったり、支えてくれているいろんな人に伝えたいです。

──自分を動物に例えると。

チームでも身長が高いので、キリンだなって思います。

──競技以外で挑戦したいことはありますか?

普段は歯科衛生士と、もう一つ「大人のフットサルスクール」を開いています。そこではフットサルの戦術などをみなさんにお伝えしているので、いずれチームをつくって、他のチームと対戦してみたいです。

──インタビューを終えた感想を教えてください。

動画って初めてなので、緊張して何回もNGを出しちゃったんですけど(笑)。でも、こういう新しいことがフットサルの発展にもつながってくれたらうれしいです。



■プロフィール

平井成美(ひらい・なるみ)
FP18
バルドラール浦安ラス・ボニータス

1992年6月24日生まれ、静岡県出身。女子サッカーの強豪、常葉大学附属橘中学校・高等学校でプレーを続けてきた。競技フットサルは、東海リーグのゴリラ・シズオカ(現:ゴリラ巴川)でキャリアをスタートし、2019年に浦安に加入。同年には関東女子リーグで得点女王に輝き、日本女子代表にも初選出された。長身とフィジカルを生かしたキープ力でピヴォとして得点を重ねるだけでなく、自陣での攻撃の組み立てや守備へのフォローも光る。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼