SAL

MENU

作成日時:2023.12.18
更新日時:2023.12.18

【日本代表】“大抜擢”での代表初招集も、デビューは次回に持ち越しとなった礒貝飛那大「しっかり見習って、レベルの高い選手を目指します」

PHOTO BY本田好伸

日本代表は12月17日、北海道・帯広市総合体育館でアルゼンチン代表との国際親善試合第2戦に臨み、第1戦に続いて1-1で引き分けた。

チームメートであるペスカドーラ町田の伊藤圭汰の負傷により急遽追加招集され、この中2日で行われた2試合で唯一、一度もピッチに立つことができなかったのが礒貝飛那大だ。これまで国内合宿への参加経験もなく、いきなりの代表初選出が話題を呼んだものの、デビューは次回に見送りとなった。

それでも、2016年に世界王者に輝いたアルゼンチン代表、そして彼らに立ち向かう仲間たちの姿から受けた刺激は、今後の選手キャリアに必ず生きるはずだ。

試合を終え、初めての代表活動を終えた礒貝に率直な思いを聞いた。



基礎的なところがまだまだ自分には足りていない

──初めて代表活動に参加してみていかがでしたか?

試合には出ることはなかったですが、練習でも1日1日濃い時間を過ごせました。今まで町田では3-1の形しかプレーしてこなかったので、4-0という新しい動きを取り入れるのにすごく頭を使いました。難しかったですけど、それがだんだん身についてきました。試合に出られればそれを体現しようと思っていたのですが、出ることができなかったので、また次回呼ばれた時にしっかりと結果を残すことを考えています。

──代表選手たちとプレーする中で特に何を学べた?

自分はアラなので、智貴さんの動き方がとても参考になりました。「止まる」「抜ける」という基礎的なところはサッカーと違うので、そういうところはまだまだ自分には足りていません。しっかり見習って自分のものにして、レベルの高い選手を目指します。

──ピッチに立てなかったことの悔しさは?

出たかったです。ベンチでも、自分が試合に出たらどう動くかは常に考えていました。でも、今回出られなかったので、次回また呼ばれるように、町田に帰って、今までやってきたことをしっかりやりながら、代表で学んだことを持ち帰って、またこの場所に帰ってこれるように頑張りたいと思います。



▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼