SAL

MENU

作成日時:2024.04.19
更新日時:2024.04.19

【アジアカップ2024|ミックス/日本vsキルギス】“リーグ得点王”の誇りを胸に。チームを導く、新井裕生の左足「悪い流れの時も点が取れるというのは僕の強み」

PHOTO BY本田好伸

4月18日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第1節・キルギス代表戦に臨み、2-3で敗れた。

3点ビハインドで迎えた、第2ピリオドの38分。
試合時間残り2分を切る絶体絶命的な状況で、チームを盛り立てる反撃の一発を撃ち抜いたのは、この日が代表として公式戦デビューを飾った新井裕生だった。

「悪い流れの時も点が取れるというのは僕の強み」

その言葉どおり、昨シーズンリーグ得点王としての実力を、一番の見せ場で示して見せた。

試合を終え、新井に話を聞いた。

■キルギス戦 ハイライト(グループC第1戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


大事なのは「心は熱く、頭は冷静」でいること

──厳しい結果となりましたが、試合を終えて。

改めて日本を代表して戦う難しさを実感しました。アジアの厳しさは、先輩からたくさん話を聞いていましたが、いざ目の当たりにしてこういう結果になってしまったのはすごく残念なことです。でも、まだ1試合目が終わっただけなので残り2試合、良い状態で迎えられるように。中1日の過ごし方は、練習もそうですけどメンタリティーも含めてマインドというところがすごく大事になってくるので、選手やスタッフとコミュニケーションを取って、次の試合に向けて頑張っていきたいと思います。

──ピッチに立ったタイミングはちょうど平田選手が痛めてピッチの外に出たタイミングでしたが、想定ではどのあたりで起用されるということは決まっていたのでしょうか?

(2月の)ポルトガル遠征でも直前の親善試合でもそうでしたが、(清水)和也がいたのでアラで出る機会が多かったですね。でも、和也が怪我してしまったことでピヴォで出る機会がちょっと増えるのは想定していたので、あの入り方は想定通りでした。

──実際にピッチに立ってみて、先ほど話していた「アジアの厳しさ」について具体的にどんなことを感じましたか?

日本で戦っていても僕より体格の良い選手がほとんどで、そのなかで戦うことには慣れています。なので自分のプレーだけで考えると、入ったタイミングでは何本かシュートが打てていたし、代表の公式戦デビューにしては良い入りが出来たのかなという印象でした。ただ試合やチーム全体をとおしては、レフェリーのジャッチやフリーキックの笛のタイミングは難しい部分があったのかなと思います。

──ゴールシーンは、平田(ネト)選手と一緒にピッチに立って、上手く連係して決まったシーンでしたが、あれはイメージ通りでしたか?

カウンターの局面というのもありましたし、良い落としがあったのでもう振り抜くだけでした。決まって良かったし、チームを勢い付けられるようなゴールだったとは思います。本来の日本での自分の役割でもある、勝利を引き寄せるゴールを残りの試合では多く決めたいなという思いがさらに強くなりました。

──代表デビュー戦でいきなり初ゴールでした。振り返ってみてどんな気持ちですか?

まあ正直でかいですよね。どんな展開であれゴールを決めるというのは僕の強みですし、良い流れの時に点取れたり、悪い流れの時も点が取れるというのは僕の強みなので、そこが代表でも出せたというのは大きかったなと思います。

──韓国という相手と戦う上で気をつけたいことは?

相手どうこうよりかは、自分たちがどこまでできるかですよね。どこまで切り替えて、自分たちの100%、120%を出せるかというのが大きいと思います。相手の分析ももちろんすると思いますけど、親善試合2試合も決して上手くいっていたわけではないので、この試合で出た課題も含めて改善すること。あとはメンタリティーですね。どんな試合でも勝つことが大事ですし、どんなゴールでも点を取るというのが大事だと思うので、その意識をもてればと思います。

──ワールドカップ予選だからこその難しさは感じましたか?

僕もまだそれ以外の公式戦や国際大会を経験したことはないですが、試合が終わったあとの対戦相手の喜び方を見たらわかるように、それぞれの国がいつものアジアカップとは違う思いをもってぶつかっているということ。本当に死に物狂いで体を張るけど、頭は冷静でいないといけないという難しさを感じました。熱くなってゴール前でファールしてしまって、良いシュートを打たれてしまったら、もうどうにもできない。自分のチームで比嘉(リカルド)監督に言われていた「心は熱く、頭は冷静に」というところが大事になってくるのではないかと思います。

──いかに普段通り冷静にやれるかが重要ということですね。

それぞれが日本でやっているベストプレーをしていれば必然的に良い試合になるはずだし、こっちが優勢で進む試合も多くなってくると思うので、やはりメンタリティーは大事だなと改めて感じました。

──悩んでいる選手も出てきそうな気もしますが……。

負けてしまいましたけど、僕はデビュー戦でゴールを決めて次につながるプレーはできたと自分では思っているので、上手く切り替えられそうです。若い選手だったり、自分たち中堅のなかでも「結果を残さないといけない」という思いは、それぞれあるかもしれないですね。

でももう、やるだけなので。

↓日本代表の全てがここにある↓


▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼