SAL

MENU

作成日時:2024.04.19
更新日時:2024.04.19

【アジアカップ2024|ミックス/日本vsキルギス】セットプレーから3失点。要因を明かす黒本ギレルメ「うまくいかない時でも失点は2点ぐらいで止めないといけない」

PHOTO BY本田好伸

4月18日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第1節・キルギス代表戦に臨み、2-3で敗れた。

文字どおり“痛恨”だった。流れからのピンチシーンは40分をとおして少なかったものの、1点目はコーナーキック、2点目と3点目はフリーキックといずれもセットプレーからの連続失点を喫した。

直近の親善試合や練習試合でもセットプレーの失点が増えてきていた」と明かすのは、この日正GKに入った黒本ギレルメだ。

ピッチ上では一体なにが起こっていたのか。

試合を終えた黒本が、失点シーンについて語った。

■キルギス戦 ハイライト(グループC第1戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


改めて意識を変えないといけない

──意外な展開になりましたが、試合を振り返って。

初戦から負けることは考えていなかったけど、どんな大会でもそういうことが起こるのは普通のこと。2年前と同じ苦しい状況ですが自信をもってやることは続けて、韓国戦に向けて今日うまく行っていなかった部分をしっかり修正して、勝つしかないです。

──前半の1点目に関しては、木暮(賢一郎)監督もトレーニングを積んで対策もしてきたと話をしていましたが、結果的に失点をしてしまいました。

直近の親善試合や練習試合でもセットプレーの失点が増えてきていたし、絶対に止めないといけないという話をしていましたが、残念ながら3点ともセットプレーで失点をしてしまった。改めて意識を変えないといけないです。

──黒本選手は相手のシュートを全部止めてしまうくらいの高い技術をもった選手ですが、今日はなにかうまく行かない要因があったのでしょうか?

1失点目は(吉川)智貴も触っていてコースが変わったから、止めることは難しかった。

2失点目は、壁を作るために移動してたタイミングで審判に笛を吹かれてしまいました。あのシーンを振り返ると、たぶん僕が壁の後ろに移動していた瞬間に試合が再開したから、ボールが出るところも見えなかったことがわかると思います。でも、今日のように試合がうまくいかない時でも失点は2点ぐらいで止めないといけないと思うし、点を取らないと勝つことはできない。今日のよくないことを反省して、次につなげていくしかないです。

──黒本選手が前に上がって、相手を引きつける役割を担うことも戦い方の一つにあると思いますが、今日の相手はその狙いを見抜いて黒本選手にプレスをかけない選択肢をとっていました。分析されているなという感覚はやはりありましたか?

スカウティングは絶対にされていると思います。今日もその狙いをもって前に出ましたが、なかなかプレスが来なくてパスコースもなかったし、2回か3回ぐらいはとおしたけど、点を取るための意識を5人全員がもっと持たないといけないです。

──前回大会同様に、黒本選手がMVPになってヒーローになる姿が見たいです。

そうですね。ただ、MVP受賞というところまでは考えていないし、この大会も始まったばかりでなにが起こるかわかりません。次の試合で2年前と同じようにキーパーが変わっても、チームの勝利が一番だから僕としては別に構わない。どの立場になってもサポートしたいし、僕たちの目標を達成することが一番大事なことです。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼