SAL

MENU

作成日時:2024.04.23
更新日時:2024.04.23

【アジアカップ2024|ミックス/日本vsタジキスタン】大事な場面でゴールを決められず、自身に落胆する新井裕生「僕の前にボールが転がってくる景色は何度も見てきた……」

PHOTO BY本田好伸

4月22日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第3節・タジキスタン代表戦に臨み、1-1で引き分けた。この結果、グループステージ敗退が決定すると同時に、今年9月にウズベキスタンで開催されるFIFAフットサルワールドカップの出場権を逃した。

昨シーズンのFリーグで得点王に輝き、今大会に臨む代表メンバーに抜擢された新井裕生。タジキスタン戦では2ndセットの一員として出場し、第1ピリオド4分には新井のセットが先制ゴールを生んだ。第2ピリオド22分には新井が反転シュートを豪快に放つも、クロスバーに直撃。26分に失点を喫すると勝ち越しのゴールを決められず試合は終了した。

グループステージ第1節が代表デビュー戦になり、第2戦では代表初得点をも決めたピヴォは、決勝トーナメント進出が懸かったこの試合で不発に終わり試合後、涙ながらにインタビューに応じた。

■タジキスタン戦 ハイライト(グループC第3戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


決めるところを決められないのは、僕の弱い部分

──難しい感情になっていると思いますけど、今の心境を教えてください。

整理するのは、難しいですけど、ここまでやってきたことは間違っていなかったと思います。これをこの先につなげていかないと、この敗退というのは本当になんの意味もなさない負けになってしまうと思う。これからの人生、フットサル以外のことに関しても、この経験を糧に頑張るしかありません……。せっかくこうやって、多くの日本人サポーターの方に来ていただいたなかで、結果を残せなかったというのは申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけど……。

──今大会は新井選手にとっていろいろな意味で初めての多い大会だったとも思います。いい部分もあれば課題も出たと思いますが、ここができていればと思うことや、ここをこの先こうしていきたいと思うことは?

この2年半、決して(代表活動に)呼ばれる回数は多くなかったなかで土壇場で木暮(賢一郎)監督は信頼して選んでくれました。(大会中に)点を取ることはできましたけど、ワールドカップにつながる結果を残すことができなかったことは、すごく悔しい部分。今日の試合でも、最後の数分は2回ぐらい僕の前にボールが転がってきて……そういう景色は何度も見てきたなかで、昨年の全日本選手権もそうだし、ああいうところを決められるストライカーを目指してずっとやってきたのに、決めるところを決められないっていうのは、まだ僕の弱い部分。そういうところは、どんなプレッシャーがあったとしても、決められる選手になりたいなと思いました。


F選抜の選手として代表での活躍が使命だった

──新井選手はプレッシャーをあまり感じない選手という印象ですが、それでもすごくひりつく展開だったことで、いつもと違うものを感じることはありましたか?

後半、1失点してしまった後というのは、チーム全体が攻め急いでしまったり、冷静になれなかったのは、どうしても勝たなきゃいけないというプレッシャーもあったと思いますし、力みというものが少なからずあったと思います。

──結果的には点を取ることもできましたが、新井選手の2ndセットが1巡目で出た時は少し硬さも見られました。試合の入りは振り返っていかがでしたか?

勝たなければいけない試合で少し硬さはあったと思います。それでも韓国戦でいい部分が出たところをもう一度僕たちで見つめ直して、相手のペースに合わせずに自分たちのクワトロもできましたし、3-1でもできた。自分のやりたいフットサルを再確認して、それが得点につながったことは良かったところだと思います。

──この敗退はこの先の自分の糧になることもあれば、重くのしかかることもあると思います。すぐに切り替えられるものではありませんが、ここからどうしていこうと感じていますか?

一つは(2018年から2019年に)Fリーグ選抜というものができて、(その時の選手だった僕らは)日本代表で活躍することが使命でもありました……。W杯に出て大きく貢献することが、Fリーグ選抜を作られた意味であったと思います。その経験を経て、いろんな人の期待がかかった試合でピッチに立って、こういう結果になってしまったということで……悔しいですし、今すぐ前を向いてというのは、難しいかもしれないですけど、少しでもFリーグやフットサル界の発展につながるような選手であったり人になりたいなと思います。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼