SAL

MENU

作成日時:2024.04.23
更新日時:2024.04.23

【アジアカップ2024|ミックス/日本vsタジキスタン】再三の好守も届かなかった夢。黒本ギレルメ「一つのゴールで人生は変わってしまう」

PHOTO BY本田好伸

4月22日、日本代表はタイ・バンコクアリーナでAFCフットサルアジアカップ2024グループステージ第3節・タジキスタン代表戦に臨み、1-1で引き分けた。この結果、グループステージ敗退が決定すると同時に、今年9月にウズベキスタンで開催されるFIFAフットサルワールドカップの出場権を逃した。

W杯出場に向け勝利が絶対条件だった日本は12分、金澤空の折り返しに石田健太郎が詰めて先制。守っても黒本ギレルメが素晴らしい入りを見せ、再三の好セーブでゴールを死守。裏のスペースのカバーリングでも好判断が光り、第1ピリオドを1-0とリードして折り返す。

しかし第2ピリオドに入った26分、タジキスタンの完璧な連係から中央突破を許し同点とされると、その後勝ち越し点は奪えず。終盤パワープレーに出るもゴールは遠く、1-1のままタイムアップ。日本のグループステージ敗退が決まった。試合後、黒本に話を聞いた。

■タジキスタン戦 ハイライト(グループC第3戦)

↓日本代表の全てがここにある↓


日本代表としてワールドカップに出るのが、日本に来る前からの夢だった

 ──お疲れ様でした。いまの率直な気持ちを聞かせてください。

まだ……なにを言えばいいか……。「実感がない」なのか、「信じられない」なのか。自分としては、日本に来る前のことから考えてしまいます。自分のルーツがある日本に行って、日本代表チームでワールドカップに出るのが夢で……。そのために日本に来ました。残念な結果でしたし、悔しいです。4年後に塗り替えるために、このうまくいかなかった経験から学んで、強くなって……。みんなの力があれば乗り越えられると思うから。前を向かなければいけないと思います。

──黒本選手は木暮賢一郎監督就任以降に日本代表に招集され、チームの中心選手となりました。初選出の時点で35歳。「このタイミングでチャンスをもらえるとは想像していなかった」とも話していましたよね。それからずっと代表でプレーして、ワールドカップ出場も現実味を帯びてきていました。

そうだね。ワールドカップという夢は、僕にとっていま始まった夢ではないです。さっきも話したように、11年前に日本に来る前からの夢。日本代表でワールドカップに行くために日本に来たから。木暮監督になって、35歳で初めて呼んでもらって……。それから2年ちょっとかな。いろんな経験をさせてもらって、感謝しかありません。

──失点シーンは中央を崩されてのゴールでした。ゴレイロの黒本選手としてはどのように感じましたか?

今日は僕個人としての試合への入りは良かったと思うし、絶対に失点しないという自信もあったんだけど……。相手も強いチームだったから、なかなか追加点が奪えなくて、後半に決められてしまって。僕たちはそこでちょっとショックを受けたというか、失点したことであまりいいプレーができなくなってしまったね……。難しい。一つのゴールで人生は変わってしまうから。とても悔しい。

──まだ試合が終わったばかりではありますが、なにが足りなかったと思いますか?

なにが足りなかったかを言い出したらキリがないし、なにを言っても言い訳になってしまうけど……。できる準備はしたし、チームメイトに対してもなにも言いたいことはありません。ただ、僕個人としては初戦のキルギス戦で3失点してしまって。これから先、生きている限りいつまでもずっと思い出すと思います。自分だけの責任ではないかもしれないけど、それでも僕の責任が一番大きいです。もし戻れるのなら、初戦の前に戻りたい気持ちが強いです。

↓日本代表の全てがここにある↓

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼