SAL

MENU

作成日時:2024.05.07
更新日時:2024.05.07

FIFAフットサル世界ランキングが誕生!日本男子は15位、女子は9位にランクイン

PHOTO BYAFC PHOTO GALLERY

国際サッカー連盟(FIFA)は5月6日、FIFAフットサル世界ランキングを男女同時に発表した。今回のランキングは、フットサルにおいては初めて作成されたものになる。


日本は15位、女子は9位に

FIFAランキングは、男子サッカーは1992年12月から作成され、女子サッカーは2003年から公式にランク付けが行われていたが、フットサルではこれまでランキングが作成されたことがなかった。しかしFIFAは近年の競技力の成長に焦点を当て、各国の男女のフットサルのランキングを同時に発表した。

ランキングは、過去9回のFIFAフットサルワールドカップで5度優勝しているブラジル男子代表と、南米選手権で出場した7大会すべてで優勝しているブラジル女子代表が、1位を独占。また、男女ともにポルトガル、スペインがトップ3に並んだ。

日本は、4月に行われたAFCフットサルアジアカップで予選敗退を喫し、9月から行われるFIFAフットサルワールドカップの出場権を逃した男子代表は15位にランクイン。イラン、タイ、ウズベキスタンに次いでアジアで4番目の順位となった。

一方、AFC女子フットサルアジアカップの過去2大会で、準優勝している日本は9位に。2025年5月に行われるAFC女子フットサルアジアカップ、10月に開催予定のFIFA女子フットサルワールドカップの結果によっては、さらに順位を上げることも予想される。

FIFAによると、ランキングはワールドカップのウズベキスタン大会の組み合わせ抽選会を含め、今後行われる国際大会のシード権の決定などに使用される予定だ。

■詳細
https://media.fifa.com/en/news/fifa-launches-fifa-futsal-world-ranking-for-womens-and-mens-senior-national


▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼