SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.07.20

【F1第10節/すみだ×立川・府中】ダービーマッチに快勝で4試合ぶりの白星「練習から気概を強く感じられていた」(すみだ 須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月20日(土)にFリーグ2019/2020ディビジョン1 第10節、フウガドールすみだvs立川・府中アスレティックFCの東京ダービーが墨田区総合体育館で行われ、すみだは5-2で勝利している。

立ち上がりこそお互いにビルドアップの場面でミスが目立つ展開となるも、6分に相手のミスを見逃さなかたガリンシャがゴレイロを抜いてラストパス。日本代表候補に初選出された田口元気が押し込んで、すみだが先制する。直後に同点とされるが、11分に右サイドのデネルが、相手を背負った状態から自分でボールを浮かすと、そのままボレーシュート。これが決まって勝ち越し、さらに13分にはガリンシャが追加点を奪って3-1とリードして前半を終えた。

後半立ち上がり、中央を崩されて失点し1点差とされる。しかしその後は、自陣で守備ブロックを敷いてカウンターからチャンスを伺う。迎えた35分にそのカウンターから、中央の三笠貴史、右の中田秀人と繋いで、最後は左の丹羽脩人が蹴り込んで、再び2点差とした。その後、立川・府中のパワープレーを開始するが、試合終了間際に三笠のパワープレー返しが決まって勝負あり。ダービーマッチを制して、4試合ぶりの白星となった。

熱量を一過性にしないように

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

──試合を振り返って。

ここ2試合は追いつかれての引き分けが続いていて、自分たちは手応えを感じているなかでの失点が続いていました。そこを意識してトレーニングをしてきました。パワープレーの守備だけでなく、選手から自分がどうしたらこのチームの力になって、このチームの状況を変えていけるかという気概を強く感じられたので、今週はやってくれるなと練習から感じられました。その通りの試合になってよかったと思います。

この試合をベースに、来週も同じ熱量でトレーニングしていきたいと思いますし、この熱量を一過性にせずに続けていきたいと思っています。

──立川・府中は強力なピヴォが多いがそこでの守り方の狙いは?

事前の対策というよりも指示をしました。皆本選手を含めて1対1で勝負できる選手が多いので、ピヴォのコースを切りすぎるとそこにほころびができてしまいます。

フィクソに対して1対1に集中させてあげられるように、アラの選手のところでの1対1にしっかりと勝つように指示をしていました。ピヴォのコースは切ってないので、当てるパスは出ていましたが、今のフィクソの3人なら、そこで勝てると信じていました。みんなよくやってくれたと思います。

──田口選手が代表に初招集されましたが、監督から一言。

田口に関してはミゲル監督時代から面白い選手だねと話がありました。長く在籍していて、初代表なので自分自身にとっても感慨深い思いがあると思います。昨シーズンもコンディションが良くて、一つ自分の皮が剥けた感覚を持っていたと思います。

もっと早く合宿に呼ばれる予定だったはずなのかなと思っていますが、アキレス腱断裂によりチャンスが遅くなってしまいました。ただ、彼は休んでいる間もチーム全体を考えて行動していました。そういう行動が、結果として選手としての成長も促したと思うので、嬉しく思います。

また、今日プレーしていた選手のなかでもブルーノ監督が気にしている選手も躍動していました。個人的には代表に選手を入れることもそうですが、底上げとしてそういう選手を輩出して育てることもクラブとして大事です。全選手がそういうマインドで、ワールドカップに向けてやっていければなと思います。

──次節に向けて。

アウェイの北海道戦です。前回の対戦は、6-0で勝利しましたが、そういう大差で負けた後の試合は、相手を徹底的に分析して絶対に勝つマインドで準備をするものです。必ず厳しい試合になると思います。相手がしてきた対策を上回れる準備をしていきたいなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami