SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.05.02

昨季現役引退の稲葉洸太郎が東京ヴェルディフットサルチームのプロモーションディレクターに就任!

PHOTO BY軍記ひろし

フットサル界のステータスを上げていくために

5月2日、東京ヴェルディフットサルチームはプロモーションディレクターに稲葉洸太郎氏が就任したと発表した。

稲葉氏は昨シーズンまで現役選手としてプレー。2019/2020シーズンはY.S.C.C.横浜の主力選手として初のF2リーグ優勝とF1昇格に貢献した。

以前稲葉氏は、現役引退表明後の『SAL』の独占インタビューでセカンドキャリアについて問われると「まだ決めてはいません」と答えながらも「フットサル界のステータスを上げていくために何がやれるのかを考えていきたい」と語っていた。

そして今回、その一環として東京ヴェルディのプロモーションディレクターに就くこととなった。

「局面打開などのフットサルのスキルや判断スピード・考え方の習得をし、サッカーの上達に一役買えたら良いと考えております。このチームを経て、まず立派な人間になり、高校サッカーや大学サッカー・Jリーグ・Fリーグなどで幅広く活躍できる選手になってほしい」

稲葉氏はリリースを通じて自身のクラブでの役割と意気込みを綴った。

また、リリースで東京ヴェルディは「フットサルチーム全カテゴリー選手に数々の経験を伝えられる稲葉氏をチーム構築プロモーションディレクターに招聘し、子どもたちの未来を作るこれからの新しい【フットサルチーム】にご期待ください!」とコメントをした。

以下はクラブからのリリース

稲葉洸太郎フットサルチームプロモーションディレクター就任のお知らせ

この度、稲葉洸太郎氏が東京ヴェルディフットサルチームのプロモーションディレクターに就任することが決定しましたので、お知らせします。

フットサルチーム全カテゴリー選手に数々の経験を伝えられる稲葉氏をチーム構築プロモーションディレクターに招聘し、子どもたちの未来を作るこれからの新しい【フットサルチーム】にご期待ください!

稲葉氏プロモーションディレクターのプロフィールは下記をご参照ください。

稲葉 洸太郎[イナバ コウタロウ] プロモーションディレクター

【生年月日】1982年12月22日
【出身地】東京都
【選手歴】
2003-2004 渋谷ユナイテッド
2004-2007 FIRE FOX
2007-2013 バルドラール浦安
2013 タイソンナムFC
2013-2015 バルドラール浦安
2015-2017 フウガドールすみだ
2018-2019 Y.S.C.C.横浜

【代表歴】
2012-2016 日本代表
W杯2回出場・アジア選手権2連覇
日本人W杯得点王
FIFAベストゴールノミネート

稲葉氏コメント
「今年度よりフットサルチームプロモーションディレクターとして関わらさせていただくことになりました。
チームの質の維持/向上・全カテゴリーのプレーモデルの共有などを大事にし、自分が現役時代に学んで来たことをチームに落とし込んでいけたらと思っています。
また、育成年代も含め、チーム全体としてフットボールスキルのみでなく、人間性も高めていけるようにチームを良い方向へ導いていけるように努めていきます。

海外の有名サッカー選手にもフットサル出身選手は多いですが、自分もフットサル選手になってから、サッカーの時に前を向いてボールが持てる余裕が増えたり、顔があげられるようになったり、サッカーとフットサルを両方やることがとてもプラスに働くと考えていますので、ユース年代までは別のサッカー部やサッカークラブとの両立をOKとし、局面打開などのフットサルのスキルや判断スピード・考え方の習得をし、サッカーの上達に一役買えたら良いと考えております。
もちろんフットサルで上を目指したい選手も大事にサポートして行きます。
このチームを経て、まず立派な人間になり、高校サッカーや大学サッカー・Jリーグ・Fリーグなどで幅広く活躍できる選手になってほしいなと思います。

トップチームでは日本のトップレベルの選手やスタッフが揃っていきますので、上を目指し、環境を整えていきながら大きな舞台でプレー出来るようにしていきたいと思っております。

サッカーで長年の歴史があるこのヴェルディというクラブは、フットサルが持つポテンシャルを最大限発揮できるチームだと思っております。
所属するメンバーがより良いフットボーラーになるために頑張りますので、よろしくお願いします!」

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami