SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.08.08

【AFCクラブ選手権】延長戦の末、名古屋オーシャンズの準々決勝敗退が決定……。4度目のアジア制覇叶わず。

PHOTO BY軍記ひろし

前半を1点リードして折り返したが……。

8日、グループステージを全勝し、1位通過を決めて準々決勝に臨んだ名古屋オーシャンズはベトナムのタイソンナムFCと対戦した。相手監督は元日本代表監督のミゲル・ロドリゴ。日本代表選手が多く在籍する名古屋の弱点を知る相手との対決になるため、苦しい試合展開になった。

試合は前半7分、安藤良平が先制ゴールを決めて幸先良いスタートを切ることができた。名古屋が主導権を握る試合展開だったが19分に一瞬の隙を突かれ同点にされてしまう。前半はこのまま終わるかと思われたが残り6秒に左サイドから安藤が斜めのクロスを入れると、西谷良介がそれを押し込み2-1で前半を折り返すことに。

しかし後半開始直後、セットプレーから相手選手に2点目を決められてしまい実質2-2の状態でのスタートに。名古屋は攻防を繰り返しながらゴールに再三迫ったが相手キーパーの好セーブもあり、なかなか点は入らず我慢の時間が長く続いた。そして同点のまま後半戦が終了。勝負は5分ハーフの延長戦に委ねられた。

延長後半戦、名古屋はパワープレーを開始するが相手GKのパワープレー返しで逆に追加点を与えてしまい2-3に。その後も名古屋はゴールを奪えず準々決勝敗退が決まった。

Nagoya Oceans 2-3(aet) Thai Son Nam FC

Thai Son Nam FC are through to the semi-finals of the AFC Futsal Club Championship! Edging 3 time champions 名古屋オーシャンズ 3-2 in extra time! #AFCFutsal2018 Match Report: https://bit.ly/2Mwbmc2

Asian Football Confederationさんの投稿 2018年8月8日水曜日

▼ 関連リンク ▼

Bitnami