SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.06.17

【F1第1節/浜松×名古屋】やっぱり強い!「誰でも点を取れるイメージをもたらすことは恐怖になりますし、チームにとってはプラス」(ペドロ・コスタ監督)

PHOTO BY本田好伸

6月17日(日)に開幕したDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の駒沢セントラルで、名古屋オーシャンズはアグレミーナ浜松に9-0で快勝し、幸先良いスタートを切った。
後半13分には平田ネトアントニオマサノリが2枚目のイエローカードで退場してしまったが、無失点に抑え王者としてのの貫禄を見せつけた。

最初の一歩をしっかりと、強く踏み出せた

ペドロ・コスタ監督(名古屋オーシャンズ)

ミナサンコンニチハ。(日本語で)おかげ様で結果の付いた開幕で、それがなによりだと思います。みなさんが見た通りの結果と内容でした。私たちのやりたい主導権の握れたゲームだったと思います。ですが全部が良かったわけではないです。前半の立ち上がり、強度が高かったが前半の終わりには強度が落ちた部分もありました。相手のチャンスはそこでもあったので、見直して、ハーフタイムに話し合って、リセットして、後半の立ち上がりから強くいきました。そこからまた得点が取れて、強い攻撃力のあるフットサルができたんじゃないかなと思いますので良かったです。リーグは長い中、でもこの最初の一歩をしっかりと、強く踏み出せたのかなと思います。
──今日は8人の選手がゴールを決めました。誰でも点を決めれることは監督にとってどのような状況は監督はどのように思いますか。
多くの選手が点取れたことは、攻撃的なチームを作り上げていく中で非常に大事なポイントです。誰でも点を取れるイメージをもたらすことは恐怖になりますし、チームにとってはプラスだと思います。ですが誰が点を取るというよりもやはり勝つということ、チームがどうやって勝つかが大事で、全員がチームのために戦った結果、点を取って勝ったところにたどり着ければいいと思います。あまりゴールだけにこだわりたくないので、チーム全体で点を取れて一人一人が貢献して、チーム力が強くなればいいと思っています。選手としてはそういう意識を高く、チームが勝利するためにゴールに向かって積極的なプレーをしてほしいなと思います。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

開幕戦に勝てて、長いシーズン戦う中で1勝できたことでホッとしてるし、率直に嬉しいです。勝った試合こそ、細かい修正が必要になりますし、完璧な試合運びではなかったので、残り32試合をもっとよくするために修正することが大事だなと思います。
──後半、(平田選手の退場で)7-0で数的不利の状況でしたが、0に抑えようという意欲が見えました。あの時ピッチ内にいてどのような気持ちだったのか。
いくら点差が離れてても、もちろん全力を尽くすことは絶対ですし、3対4の場面は練習でもやってます。でもどの対戦相手ともやるわけではない特殊な状況なので、その2分間でも声を掛け合って修正して、次のもし起きるかもしれない3対4に備える事が大事なので、試合ですけど練習ぐらいの気持ちで修正して頭を使いながらプレーした結果が0に抑えようとしたように伝わったのかなと。

■【DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1】第2節PV

Bitnami