SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.01.18

【ネクスト・ヒーローはオレだ!】多くの挫折を乗り越えた“100年に1度の逸材”。丸山将輝がキン肉マンになったわけ──

PHOTO BY本田好伸

SALの新企画「ネクスト・ヒーローはオレだ!」がスタート。

次世代の日本代表を狙うような期待の若手選手をフォーカスした企画。今回は立川・府中アスレティックFCに所属する“100年に1度の逸材”丸山将輝選手を紹介。立川・府中のクラウドファンディングでは、3万円と強気の価格設定をした「丸山選手とマンツーマン筋トレ」が3分で完売するなど、Fリーグを代表するフィジカルモンスターとして認知されている。

しかしその道のりは決して順風満帆なものではなかった。多くの挫折を乗り越えて、自身が目指す日本代表入りを果たすために、今の丸山選手はどのような思いで戦っているのだろうか──。

筋トレが好きだったわけではなく、やるしかなかった

──クラウドファンディングでは一躍時の人となりましたね。

思わぬ需要で自分でもびっくりしました(笑)。そもそもあの企画自体が冗談から始まったものでした。クラウドファンディングをやるとなった時に(皆本)晃さんからは、選手がリターンを考えて提供していこうと言われて、その中で色々な選手が考えて案を出しました。僕は、周りから言われたのもあるんですが、半ば冗談で筋トレをやりますと。

それが採用されてしまい、すぐにジムにも連絡をして、あっという間に決定となってしまいました。そんな冗談から始まったものだったので、買っていただいたときは本当にびっくりしましたよ。

──しかも数あるリターンの中でも最速の3分で完売。2度目のリターンでも金額を高く設定したにもかかわらず8分ほどで完売したと聞いています。

最初のリターンが売れた日は、僕が確認する前に完売したという連絡がきていました(笑)。最初の金額は3万円でしたが、普通にジムで筋トレするよりも高い金額です。ありがたいことですよ。なので付加価値としては、僕が選手であるタイミングでできることなので、選手として教えていけることを提供していきたいなと思っています。

ちなみに2度目も3万5千円と金額が高くなったのですが、それを知る前に売れていました(笑)。これも本当にびっくりで、思わぬ需要ですよ。

──今回の件で、立川・府中サポーターだけでなく丸山将輝=筋肉のイメージが定着しそうですね。これだけ筋肉キャラが定着していますが、そこはやはり自分の武器ですか?

僕はフットサルが下手くそなので、筋トレをするしかありませんでした。筋トレをしたくて始めたのではなくて、筋トレをするしかフットサル選手として生き残る道がありませんでした。筋トレを始める前は本当に細くて、60kgぐらいしかありませんでした。それから筋トレをして80kgまで増えました。ここに到るまでには本当に多くの挫折があったんですよ。

──挫折とは具体的に?

フットサルを始めた頃はピヴォではなくてアラでした。(立川・府中の)サテライトで監督が山田マルコスに変わったタイミングで、アラからピヴォにポジションを変えると言われました。ただ、僕は反抗してアラの位置まで降りてプレーしていたんですね。そうしているうちにだんだん試合に出られなくなりました。

やはりどのスポーツも試合に出ないとダメで、僕も「もうピヴォをやるしかない」と腹をくくりました。ただ、そのままピヴォに入ってプレーできるかといえばそうではなくて、体が細いと務まらないポジションだなと痛感しました。

フットサルで生きていくためにはピヴォしかない。そのピヴォで戦うためには体を強くしなければいけない。そう思って、そこから筋トレを始めましたね。

──自分のスタイルを変えてでも生き残るために筋トレを始めたんですね。

なので、筋肉がつき始めた頃は「動けないな」と感じていました。筋肉ってやはり重たいですし、今までできていたような動き、アジリティの部分で足りなさを感じました。できていたことができなくなる感覚がありましたね。

なので、筋肉がつくことで当然プレーも変えなければいけません。今までのように動き回ってボールを受けるのではなくて、逆に動かないでプレーする。そういう考え方の部分では180度変わりました。

──丸山選手はどちらかといえば、昔のピヴォのようにどかっと構えてプレーする印象ですよね。

日本にそのスタイルの選手がいないので、こういうスタイルを目指したんです。ただ、動かずに体でキープして、点を取るようなピヴォの動きは関東リーグレベルだとできましたが、Fリーグのレベルになるとやはり難しいと気付きました。動きの質にこだわる必要があるので、最近はプレー中の動画をピッチの縦から撮って動きの勉強をしています。

──筋トレばかりではなく、そうやってプレーの研究も積極的にしているんですね。ところで、筋肉自慢の丸山選手ですが、ガタイの良い立川・府中の選手たちとフィジカル対決とかしないんですか?

去年に晃さんと相撲しましたね(笑)。

──えっ!? 皆本選手って相撲強いんですか?

めちゃくちゃ強いですよ。その時は負けてしまいましたから。でも今は流石に勝ちたいですね(笑)。他のチームを経験したことないですが、立川・府中はサテライトも含めてみんな仲が良いですからね。

【次ページ】なりふり構っていられない年代に

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami