SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.01.20

【F1第30節/立川・府中×北海道】残り2秒での勝ち点ロストにも前向きに「うちの選手の良いところは前向きに戦ってくれるところ」(北海道 小野寺隆彦監督)

PHOTO BY軍記ひろし

1月20日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第30節の立川・府中アスレティックFCvsエスポラーダ北海道がアリーナ立川立飛で行われ、北海道は2-3で敗れている。

敵地に乗り込んだ北海道は、試合の主導権こそ立川・府中に譲るも自陣でブロックを敷いてカウンターを狙いチャンスを作っていく。5分には宮原勇哉、14分には十川祐樹がシュートを放つが、GKクロモトが好セーブで防がれた。それでも19分、相手ゴール前のこぼれ球を田辺陸が押し込みにかかると、最後は高山剛寛に当たってネットを揺らし、リードして後半を迎えた。

しかし後半は26分と28分に失点して逆転を許してしまう。残留に向けて勝ち点が欲しい北海道は、36分に高山が2度のシュートチャンスで決められなかったものの、3度目の正直とばかりに3度目のチャンスを決めてスコアをタイに戻す。終盤は立川・府中がパワープレーに出たことで、守りに回った北海道。すると残り2秒、一瞬の隙から失点して勝負あり。土壇場で勝ち点を落とした。

状況を打破しようと必死に

小野寺隆彦監督(エスポラーダ北海道)

──試合を振り返って。

非常に悔しい敗戦だなというのが率直な感想です。チームが11位と元気がない中で、選手たちのプレーを見てもらえればわかると思いますが、前向きにこの状況を打開しようという姿、そうやって必死に戦っていることは事実です。

ただ、あと一歩でやられるところが、今の順位にいるところだと思います。そのあと一歩で失点してしまう部分がなかなか改善できないでいます。それでもチームとして目指すフットサル、今はシンプルな方法に変えたのですが、そのやり方を選手が体現してくれています。

残り3試合は、でどれだけ選手たちの気持ちを整理させながら試合に向かうか。そこが一番だと思います。こういう悔しい経験をして、残り3試合でと言わずにまずは次のホームでぶつけられるように。チーム一丸となって気持ちを切り替えてやっていきたいと思います。

──あと一歩の部分を改善するためには何が必要だと考えるか。

修正点を映像でチェックすることも1つですが、何よりも選手たちが前向きに戦わないことにはこの結果を打開できないと思っています。その中で良いところをまずは伸ばしていく。

良いところを振り返って、点数が取れている状況を継続していく。前節もそういう形で、攻撃のトレーニングをしてチームを整理しています。この方法を続けていきたいと思います。

──残留を争う中で残り2秒での失点により勝ち点を落とす結果となったが、試合後の選手たちのメンタル部分の影響は?

悔しさがあるなと。ピッチに立っているもの、外から見たもので感情に違いがあるのは当然ですが、どうしてあそこで1つ止められなかったのかという表情をしてくれていました。

ただ、うちの選手の良いところは次を見据えて、整理させて前向きに戦ってくれるところです。そういう選手だと信じています。残りはたった3試合になってしまいましたが、もう一度、もう一度と言いながら勝ち点3を積み上げたいと思います。

次の試合はホーム最終戦です。今ホームでワーストの8連敗と全然勝てていません。そこで勝つためにみんなで一丸になって打開したいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami