SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.02.11

【F1第33節/大分×北海道】復帰した1年目で最下位から6位に導けた要因は「執着心を少しずつ見せられるようになった」(大分 伊藤雅範監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月11日(月・祝)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の最終節のバサジィ大分vsエスポラーダ北海道が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。

今季の最終節を迎えた大分は2分に失点を喫するが4分にレイチが個人技からゴール。迎えた8分、北海道陣内での相手のキックインからゴールネットを揺らされる。審判団が集まり競技の結果、エリアを出て飛び出したGK岩永汰紀、競り合った水上玄太にボールは当たってないとの判定でノーゴールとなった。

しかし9分に逆転を許し、迎えた13分、今度は大分が相手陣内でのキックインからゴールネットを揺らす。再び審判団が協議した結果、今度はGK鶴岡広之に当たったとの判定で大分のゴールが認められた。大分はさらに15分、カウンターから森村孝志がミドルシュートを突き刺して前半は3-2とリードして終えた。

後半も29分にヴィトンのゴールで大分が北海道を突き放す。しかし36に失点を喫すると38分には相手のパワープレーに屈して4-4の同点に。大分はすぐさま白方秀和をGKに置くパワープレーに移行。しかし勝ち越しゴールを決め切ることはできず、最終戦は痛み分けとなった。

大分は野心があるチーム

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

──試合を振り返って。

リーグが全て終わって3つあります。1つ目は記者の方々や、ファンのみさなんがいつも来てくれているので、そういう人たちに感謝を伝えたいと思います。皆さんの存在なくして、フットサルの価値を上げることは難しいと思っていますので、そのお礼を言いたいと思います。

2つ目は大分のサポーターに向けてです。非常に暖かいサポーターで日本一のサポーターだと思っているので、あとは自分たちが結果を出して答えるだけだと思っています。感謝しています。

3つ目は、この戦いが今季を象徴する戦いだったと思っています。ここから来季は勝ち点でプラス15を目指して。そういう野心があるチームですし、そうしなければいけません。来季は厚みを持って、そして残りの全日本選手権、そして来シーズン、またここに戻って来たいと思っています。

──チームに復帰して、このチームに来た時の雰囲気やメンタリティはどう変わったのか?

去年のことは詳しくわからないですが、結果が出ないところで選手たちも変わらなければいけない、クラブも変わらなければいけない、全てを変える決意がチームにみなぎっていました。

今については色々ありますが、僕も前に監督やっていた時はもっと勝つことにこだわることができていました。今はお客さんが喜ぶフットサルをやるということで、1年間迷いながらやっていました。ただ、少なくとも勝負に対する執着心は少しずつ見せられるようになったと前向きに捉えています。

仁部屋和弘(バサジィ大分)

──試合を振り返って。

勝たないといけない2試合だったと思っています。その中で課題はあったので全日本選手権に向けて修正したいと思いましし、全日本選手権はタイトルを取るチャンスがあるので、そのためにチーム一丸となって戦っていきたいと思います。

──今季は個人的にも難しいシーズンだったと思いますが振り返って。

結果だけを見ると昨シーズンは最下位で、この順位はポジティブなものです。何よりもチームの雰囲気がガラリと変わり、昨季ならどういう試合であれ、どういう状況であれ、かつ雰囲気はあまり感じられませんでした。今日も負けるのかなという雰囲気でした。

でも今は自信を持っていますし、勝つために1つになれたことが大きいかなと思っています。ただ、その中でも結果を残せるチームにはなっていないので、勝つチームになる為に成長していきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami