SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.03.08

【全日本選手権準々決勝/名古屋×浦安】2点差から苦しみながらも逆転勝利した名古屋「明日は立ち上がりからしっかりしないと……」(名古屋 篠田龍馬)

PHOTO BY軍記ひろし

3月8日、JFA 第24回全日本フットサル選手権大会準々決勝が駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で行われ、名古屋オーシャンズはバルドラール浦安に4-3で勝利した。

試合は開始8秒に浦安に先制を許してしまうと9分にはペナルティエリア付近でペピータがファウルを犯してしまい一発退場に。2分間、数的不利でゴールを守り切ったのだが11分に6つ目のファウルを犯してしまい第2PKを献上。これを決められてしまい2点を追う展開に。反撃を仕掛ける名古屋は13分にヴァルチーニョが、18分にルイジ―ニョがゴールを決めて同点に。残り30秒には今度は名古屋に第2PKのチャンスがあったがこれは枠の外へ。

同点で迎えた後半、開始2分にセットプレーから吉川智貴が決めて逆転に成功する。そして32分には星龍太がミドルシュートを決めて4-2に。その後浦安はパワープレーを開始し、37分に失点を喫してしまい1点差となる。しかし最後までリードを守り切った名古屋が勝利し明日の準決勝へと駒を進めた。

以下、星龍太と篠田龍馬のミックスゾーンでのコメント。

苦しい状況でも落ち着いてプレーできた

──試合を振り返って、よかった点と悪かった点は。

すごく苦しい試合でした。まずは立ち上がりの失点とファウルトラブルですね。リーグと基準が違いがありました。でも基準はレフェリーが決めることで、自分たちで苦しくしてしまったところがあります。あとは今シーズンやってきたことの積み重ねで、そこから我慢して立て直したことは大きいと思います。

──前半のうちに追いつけたことはよかったのでは。

5ファウルが溜まった後の時間も長かったですけど、その中で追いつけたのが大きいです。相手が5ファウルになってからは相手も突かれていてプレスが来れなくなりました。

──その中でも勝ち切れるチームの強さはどんなところにあるのか。

最初は焦ってしまいましが、マイナスで折り返していても落ち着いてプレーできて、点を取れると思いながらプレーできることが今シーズンの強みなのかと思います。

──自身が決めた4点目はチームにとって大きな1点だったのでは。

結果としてパワープレーで失点したので、大きな1点になりましたが、組み立てが上手くいった流れで決めたので、チームとしても綺麗なゴールだったと思います。

【次ページ】Fリーグを優勝した価値を下げてしまうような試合はしたくない(篠田龍馬)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami