SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2019.05.26

【F1第1節/浦安×長野】監督不在の緊急事態に奮起。「勝つことがリケル監督への恩返しだと思っていた」(浦安 小宮山友祐監督代行)

PHOTO BY軍記ひろし

5月26日(日)、Fリーグ2019/2020 ディビジョン1の開幕節が東京都・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で開催。バルドラール浦安は今シーズンからF1に昇格したボアルース長野に5-2で勝利した。

浦安は5分、西村祐飛が左サイドから鮮やかなループを決めて先制。さらに9分、左サイドをワンツーで抜け出した加藤竜馬のシュートが決まってリードを広げた。直後の10分に1点を返されながらも、序盤から主導権を握り続けて試合を折り返した。

迎えた後半、わずか6秒、左CKからのマイナスのパスを永島俊がダイレクトシュート。相手DFに当たってコースが変わってこぼれたボールを、右前にいた西村が流し込んでリードを広げた。34分に失点して一時1点差に迫られたものの、37分に第2PKからディドゥダが決めると、39分、相手のパワープレーのボールを奪った石田健太郎が決めて勝負あり。浦安は、開幕戦で幸先よく初勝利を収めた。

リケル監督が積み重ねてきたことをピッチで体現した

小宮山友祐監督代行(バルドラール浦安)

──今日の試合を振り返って。

監督が試合の2日前に体調不良になり、イレギュラーな形で開幕を迎えるなかで、選手はよくやってくれたと思います。開幕は難しくてうまくいかないことは、私も含めてですが、選手も全員、感じていました。今日、昨日と選手にずっと続けて伝えていたのは「まずは自分のために頑張ってほしい」と。自分のためにハードワークして、それがチームのためになって勝つことができたら、アルベルト・リケル監督のためになると言っていましたから、難しい試合でしたが勝つことができてよかったと思います。

──監督が来れなくなってしまったことでやり方やこの試合に向けて意識してきたことは?

リケル監督が常々話してきましたが、相手どうこう言う前に自分たちがどれだけ貢献できるか。監督が参加できないと私が知ったのは金曜日の夕方だったので、実際に1セッション(1回の練習)しかなくて、選手に何を伝えたらいいのかなと。それは今までやってきたこと、積み重ねてきたことをどうピッチで体現できるかが一番だと伝えました。例えばメンバーの組み方とか、キックインのときに今日は縦(のコース)を切りましたが、いつもは中を切るみたいな、細かな部分は私から伝えましたが、大まかな部分はずっと監督がこれまで積み重ねてきたことを体現しただけです。本当にそれが結果につながってよかったと思います。

──イレギュラーな形で、あまり喜べることではないですが、監督としてチームを率いて開幕のピッチに立ったことへの個人的な想いを何か感じていますか?

自分がフットサル選手をしてきて、いつか監督をしたいなという思いがありますし、そのために(F1チームを指揮するために必要な)指導者A級ライセンスも取りましたが、今回の監督代行は、チームはゼロから作るものだと思っています。私がチームを作ったわけではないですし、リケル監督が積み重ねてきたものをただ少しだけ動かさせてもらっただけ。チームを率いたいという想いよりも、今日はリケル監督のためにも、あんなに素晴らしい監督がFリーグ開幕の場にいられないことがすごく私はショックでした。何よりも、勝つことが、監督への恩返しかなと思いましたから、正直、個人的な思いとしては、スーツを着てあそこに立つのはすごい暑いなというだけです(苦笑)。

加藤竜馬(バルドラール浦安)

──今日の試合を振り返って。

自分たちのフットサルを40分間やることに集中してピッチに入りました。前半も後半も、少しバタつくシーンがありましたが、しっかりと前からプレスを掛けて(相手のボールを)引っ掛けて、シュートカウンターの場面が多く見られたのでよかったと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami