SAL

MENU

作成日時:2024.05.20
更新日時:2024.05.20

【Fリーグオーシャンカップ2024|ミックス/名古屋vs町田】無敵のエースが導いた今季初タイトル。足を攣りながらもMVP&得点王のアンドレシート「チームの優勝が一番大事なことだった」

PHOTO BY本田好伸

試合日程・結果はこちら

5月19日、Fリーグオーシャンカップ2024の決勝が名古屋金城ふ頭アリーナにて行われ、名古屋オーシャンズとペスカドーラ町田が対戦。名古屋が4-3で接戦をモノにし、大会6連覇を達成した。

アンドレシートは、優勝のみならず、MVPと得点王のタイトルを獲得した。名実ともに王者をけん引する“無敵のエース”だが、試合終盤の延長戦では足を攣り、ピッチに倒れ込んで悶絶するという、試合の壮絶さを物語るシーンもあった。

優勝の瞬間をベンチで見守ったアンドレシートだが、3回戦からの3試合で4ゴールを奪い、イマノル新監督の下で初タイトルへと導いたのは、やはりこの男だった。

試合後、通訳・鬼塚祥慶とともに取材エリアへと現れたアンドレシートに話を聞いた。

 

三冠は常に目標

──優勝とMVPと得点王おめでとうございます。今日の試合の感想を教えてください。

まずはタイトルが取れたことですね。MVPや得点王もすごくうれしいけど、チームが優勝するのが一番大事なことだったので、それが達成できて本当に良かったです。

みんなが素晴らしい試合をしたと思います。1-3で負けている状態で、町田もすごくいいチームですし、そういう相手に対して逆転するのは難しいことですが、みんなが素晴らしいプレーをしたので逆転できたと思います。勝者のメンタリティですね。

──こういった難しい試合を勝ち切れる勝者のメンタリティとは、一体どういうものなのでしょうか。

どこの国にいたとしても、そのメンタリティを持つことはすごく難しい部分ではあります。でも、名古屋といったビッグクラブでは、ベテランが引っ張っていくと思いますし、若手もそこに引っ張られて、見て学んでいるんじゃないかなと思います。

──名古屋の若い選手たちはどんな印象ですか?

若い選手に関しては、意欲もありますし学ぼうとしている。日本フットサルの未来のある選手たちだと思っています。日本のなかでもトップレベルの若手が集まっていると思うので、ベテランと融合して本当にいいチームになっていると思います。

──鬼塚祥慶選手のゴールは、同じようなシーンが去年のリーグ戦でもありました。見ていて決めるという予感はありましたか?

鬼塚には信頼をおいています。一緒にプレーして3シーズン目ですし、チームを勝たせるようなプレーができます。今日のパワープレーは、そこにいたことでゴール決められたと思います。(通訳の鬼塚に向かって)おめでとう。

──ゴールシーンの前にアンドレシート選手は足を痛めていましたが、大丈夫ですか。

ふくらはぎにちょっと違和感があって。でもそんなにひどい状態ではないと思いますし、勝てたので問題ないです。

──MVPに呼ばれた時に、コメントがあると思って鬼塚選手が待機していました。コメントはありませんでしたが、そこでなにを言おうと思っていたんですか。

まずサポーターに感謝したいというところ。本当に自分たちの力になりましたし、もう1人の選手だったと思います。それにプラスして、八木聖人にも捧げたいです。あとはこの大会ができるのは前会長がいたからだと思うので、そこに対しても感謝を述べたかったです。

──得点王とか、MVPをいっぱい取っているなかでの、次の目標は?

ずっと思っているのは、アジアのクラブ選手権でプレーしたい。名古屋オーシャンズで全日本選手権やFリーグ、カップ戦ではタイトルを取れています。クラブ選手権は開催が難しいということで今はないですけど、そこでプレーして、タイトルを取るのが1つの目標です。

それでも、三冠を取るのは常に目標ではありますし、そこへの意欲は今もあります。勝つことが本当に好きなので、今1つタイトルを取れましたけど残り2つも貪欲に取りにいきます。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼