SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.12

【F1第18節/北海道×仙台】2試合合計で18失点…。苦しい状況下で「悪いところばかり指摘するとズルズル悪い流れになる」(北海道 小野寺隆彦監督)

PHOTO BY軍記ひろし

10月12日(金)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第18節、共同開催小田原ラウンドが行われ、エスポラーダ北海道はヴォスクオーレ仙台と対戦し、2-5で敗れている。

立ち上がりから思うような形でフィニッシュまで持ち込めない北海道。すると前半終了間際に失点を喫して試合を折り返す。後半の立ち上がりにも1点を失うと、28分にも3点目を奪われた。

北海道はここでGKを鶴岡広之から20歳のGK和田陽輝にチェンジ。しかし34分に4点目を奪われると、直後には和田拳斗をGKに置くパワープレーを開始する。35分にはその流れから水上玄太がゴールを奪う。その後は1点ずつを加えて試合は終了。北海道の共同開催小田原ラウンドの初戦は黒星スタートとなった。

良いところを出せずに失点を重ねた

小野寺隆彦監督(エスポラーダ北海道)

前節のシュライカー大阪さんにかなりの大敗ということで、チームとしてかなり大きなダメージ受けながらの2連戦ということで厳しいチーム状況だなということは理解していました。その中で、自分たちのできることはなんなのか。しっかりと守りながらカウンターを狙うということで、どこでカウンターのポイントがあるのか整理しながら進めたものの、思うようにカウンターが発動できず、相手の戻りも早く、良いところを出せずに消されて失点を重ねたゲームでした。

残念ながら負けましたが、最後まで諦めずに戦ったことは事実です。こういうときに、悪いところばかり指摘し、言ってしまうのはどうしてもズルズルと悪い方に流れが進んでしまうと思います。監督である私が、選手たちの良いところを信用しながら1戦1戦を戦っていくことが今は一番大事だと思います。

水上玄太(エスポラーダ北海道)

相手の早い戻りがあり、うちのカウンターを発動の機会が少なく、得点シーン自体もチャンスまで持っていくことが少なかったと思います。最後のパワープレーの部分で、得点を重ねることができたことはプラスに捉えて。

前回と今回で18失点しているので、まずはしっかりとディフェンスをしていかないと次の名古屋戦は厳しい戦いになると思います。そこをみんなで修正する時間は少ないですが、しっかりミーティングして戦いなと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami