SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2019.06.23

【F1第5節/町田×大分】好調・大分の要因はフィジカル強度「1対1の局面でボディコンタクトは技術として大事」(大分 伊藤雅範監督)

PHOTO BY軍記ひろし

6月23日(日)にFリーグ2019/2020 ディビジョン1第5節のペスカドーラ町田vsバサジィ大分が町田市立総合体育館で行われ、大分は7-2で勝利した。

開幕から4連勝で首位に立つ大分が、町田とのアウェイゲームに臨んだ。試合の主導権を握ったのは大分で、立ち上がりからピヴォを使って町田を押し込んで進める。2分には右サイドで仕掛けた仁部屋和弘が、一度はボールを失うもこぼれ球を拾ってリープ気味のシュートを沈めて先制した。さらに10分にはピヴォの位置でボールを受けたレイチが、相手を背負った状態から反転してシュートを突き刺して2点目。その後町田に1点を返されたが、2-1とリードして後半を迎えた。

後半も大分の勢いは止まらずゴールラッシュとなる。23分にヴィトンのゴールで3点目を奪うと24分には相手陣内のキックインから森洸がネットを揺らす。26分にはキャプテンの白方秀和もゴールを奪い4点差とした。そこから町田がパワープレーに出るが、逆に大分は2点を重ねると町田の反撃を1点にとどめて試合は終了。大分が無傷の5連勝で名古屋セントラルを迎えることとなった。

プレシーズンに200キロを完走

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

──試合を振り返って。

お互いに良い試合ができたと思います。ただ、最後の1(失)点が非常に悔しかったです。

──去年以上に球際で戦えている印象だが、何か意識している部分は?

守備では1対1を重要視していますし、その局面ではボディコンタクトは技術として大事になってきます。練習の中から、うちの選手には意識させている部分です。まずそこで上回ることが大事ですし、監督としてチームには1対1のところを大事にしようと話を続けています。

──フィジカルを上げる特別なトレーニングは何か行なっているのか?

2つあって、私たちの置かれている環境は、プロフェッショナルに近い専念できるものです。そのため選手たちは普段からフィジカルトレーニングの時間が用意されています。

2つ目にプレシーズンは200キロくらい走っています。これには賛否両論あると思いますが、私たちは高い強度を大事にしているチームです。また、日本が世界と戦う上で、海外の選手と比べると身体的な部分で難しさがあります。

ただ、運動量やアジリティを生かしていけば日本が世界で戦うための武器になります。なので、フィジカルの部分は重要視しています。

──相手陣内深い位置でポイントがうまく作れているがその狙いは?

フィクソの選手を見て、足元へのボールが良いなら足元へ、裏を取って奥が良いなら奥にという形です。相手のフィクソやGKをスカウティングして、さらにプレーしてる選手の判断を見て狙いを決めています。

ピヴォにはレイチ、芝野、小門がいますが特に芝野と小門は代表クラスの選手だと思っています。彼らが高いポジションで仕事ができるように、選手たちには伝えています。

白方秀和(バサジィ大分)

──試合を振り返って。

前半は2-1で終えて、後半は苦しくなると思っていましたが、先に得点できて突き放すことができてよかったです。とはいえ、まだまだ課題はあるので、次に向けて取り組んでいきたいと思います。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami