SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.07.21

【F1第6節/大阪×浦安】あと4分、守りき切れたら……。「浦安の監督として、大阪相手にここまでできたことはよかった」(アルベルト・リケル監督)

PHOTO BY

7月21日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第6節が行われ、バルドラール浦安は終盤まで2-1とリードしていたが、残り4分で同点ゴールを許して引き分けに終わった。

先制を許しながらも、11分にカウンターから青山竜也がゴールを決めると、18分にも青山が単独で相手陣内に攻め込んで勝ち越し弾をマーク。そのまま逃げ切りたい浦安は大阪の猛攻に対して集中した守備で応戦したが、35分に追い付かれて試合は終了。浦安はこれで3試合連続で引き分けとなり、開幕戦の勝利から5試合、勝ち星を挙げられない試合が続いている。

少しずつ前に進んでいる

アルベルト・リケル監督(バルドラール浦安)

良い試合になりました。大阪という強いチームにここまでできたのは、浦安の監督という目線で見て良かったと思います。前半は試合を支配することができていました。良かったと思いますし、浦安の監督として少しずつ前に進んでいると思います。

──勝ちきれない試合が続いている中、リードして後半を迎えた今日も勝ちきれなかったがその要因は。
今日の試合については、相手がパワープレーする中で良く守ったと思います。その中で、ボールを3回ほど奪ったところで決める質。細かな部分、攻撃でも守備でも練習でやっていることを突き詰めて精度を高める必要があると思います。

──青山選手を長く使ったがその理由と彼に期待する部分は。
起用については、普段のトレーニングで要求していることにいかに応えるか。青山は自分のやりたい目的を理解してやってくれました。今日は使って、さらに点を取ってくれて良かったです。私が求めるのはチーム全体でいかに戦えるか。トレーニングでいかにそれを噛み砕いてピッチで見せてくれるかに期待しています。

加藤竜馬(バルドラール浦安)

ここ最近勝ちきれない試合が続いていますが、今日の試合は練習で取り組んできたことが、前半は特に出ていたと思います。これを40分間続けてやれば、結果は出てくると思いました。最後、不運な形で失点しましたが、後ろを向くのではなく、前を向いて明日の試合も勝ち点取りにいきたいと思います。

──攻撃のチャンスは前で奪った場面からのカウンターがメインだったが、大阪くらいの相手だとボールを持って崩すのはまだ難しいか。

攻撃のバリエーションは3-1と4枚でボールを保持して前に進めた部分はありました。ピヴォに当たってからは絡んでいたシーンもありました。そういうチャンスで決めきる力が、現状のチームにはまだないです。チャンスで決めることが一番大事です。ミスはありましたが、練習でやってきたことを表現できていると思うので、続けてやっていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami