SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.07.22

【F1第7節/F選抜×浦安】F選抜相手に“実のある”敗戦に。「今までにないくらいすごくいい試合ができた」(浦安・アルベルト・リケル監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月22日(日)に墨田区総合体育館で行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第7節、バルドラール浦安はFリーグ選抜と対戦した。

開始4分に先制されたが主導権を握り、ゴールに迫ったもののなかなかゴールが割れずそのまま0-1で前半を折り返した。後半、一時は1-2にまで迫ったが試合は結局試合は2-3で敗戦した。

敗れたものの会見でリケル監督は今シーズンで最もいい内容のゲームだったとポジティブな手応えを感じた。

これを続けることが自分たちの成長につながる

アルベルト・リケル監督(バルドラール浦安)
今までにないくらいのすごくいい試合ができました。展開としてはオウンゴールで決められてしまい、リードを広げられて(最後に)追い付いていって。ディフェンスでも、完全に支配していましたし、攻撃の最後の細かいところが足りなかった印象です。試合の後に選手にも話しをしましたが、すごくいいプレーができたことに誇りを持っています。

──パワープレーでは最近の試合で苦しんでいる印象があるが。
細かいところでは自分たちはもっとパワープレーを上手にできると思います。宮崎(岳)が中に入っていくところをもう少し狙っていければ、もっとチャンスができたかなと。少し足りないのは、入りそうなところで入らなかった。そこは試合中にも成長を見せているので満足しています。次に向けてまた頑張りたい。

加藤竜馬(バルドラール浦安)
連戦で難しい試合でしたが、チームとしてはボールを支配しながら40分できました。ディフェンスも狙いどころでカットできたり、成長できているところは多いと感じています。これを続けることが自分たちの成長につながると思うので、これからもしっかりと続けていきたいと思います。

──Fリーグ選抜に対しては「負けてはいけない」といった気持ちもあると思いますが、油断もあったのではないでしょうか。
油断については誰も口にしていないですが、勝たなければいけないという意識も(特には感じていなかった)。僕たちも(監督も交代してメンバーの入れ替わりが多く)新しくなったチームなので、そこまで気負わずに、試合中もベンチでも、自分たちのプレーをいつも通り出すにはどうするかを話していました。自分たちのやりたいこと、やるべきことが大事です。もちろん、勝たなければいけないですが、私たちも新しくなってそんなに経っていないので、難しい試合だったかなと僕自身は感じています。

 

▼ 関連記事 ▼

Bitnami