SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2018.09.08

【F1第12節/大阪×仙台】注目の一戦を戦う仙台。指揮官は「もちろん勝ち点3を狙う」(仙台 ホセ・フェルナンデス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月8日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 共同開催 大阪ラウンドが開幕した。2日目の第4試合でヴォスクオーレ仙台は、シュライカー大阪と対戦し4-6で敗れた。

2点ビハインドとなった仙台は12分に新加入のマテウスが、Fリーグ初ゴールを奪う。しかしその後、もう1点を失って前半は1-3で終えた。

後半も失点が続く中、5-1で迎えた28分に三上優貴がゴール。さらに試合終盤にはパワープレーからマルロンもネットを揺らすと点の取り合いに。結局2ゴール及ばなかった仙台は、共同開催大阪ラウンド初戦を黒星で終え、明日はロベルト・カルロス擁するFリーグ選抜と対戦する。

この試合を楽しまなければいけない

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

両チームすごく良い試合をしました。前半は相手チーム、後半は自分たちが良かったと思います。最後、決定的なチャンスがあり、ゴール前のチャンスを相手の方がうまく掴みました。自分たちは最後にパワープレーをしてプレッシャーかけてゴール前にうまくいけました。しかし相手チームはそのチャンスを決めています。これが強いチームとやるときの違いで、シュライカーはちゃんと決めました。切り替えて明日の準備をしたいと思います。試合に負けましたが、チームは成長していると感じています。

──新加入選手に対する評価を。
シーズン途中で新加入選手が入りましたが、監督としてすごく良い時期に来たわけではありません。すぐ日本になれるようにサポートしてあげたいと思っています。若い選手で技術があります。2人の特徴には違いがありますし、自分たちにとってはすごくプラスになると思います。ただ、チームは彼らがくる前からとても成長していました。彼らが来てからも、また同じ目標に向かって、同じ状況で頑張って行きたいと思います。彼らが来てチームのプラスになったと思います。

──明日はロベルト・カルロスを擁するFリーグ選抜との公式戦だが、改めて意気込みを
ポジティブなことですスーパーな選手に来てもらうことは、リーグにとっていいことだと思います。いつものように試合に向けて準備したいと思います。ロベルト・カルロスはみんな知っている選手です。シュートはそんなに強くないです(笑)。下手な選手です(笑)。みんなのアイドルだと思いますし、スーパースターです。この試合を楽しまなければいけません。もちろん勝ち点3を狙いますが、ロベルト・カルロスが日本に来ることで、リーグ、チームにとってポジティブです。また、仙台という街にも美しいことだと思います。

荒牧太郎(ヴォスクオーレ仙台)

まず、大阪で台風が来ていて、ホテルから会場にくる間に被害を目の当たりにしました。北海道では地震、(鈴木)裕太郎君や(水上)玄太さんが来られていない状況の中で、僕らは大阪でプレーできる、そういう気持ちをピッチで表現したかったですが、前半は思うように自分たちのプレーを表現できませんでした。最後まで得点を奪う、勝ちを探す努力をし続けたことは明日に繋がると思います。監督も言うように間違いなく良くなっていると思うので、下を向かずに続けて行きたいと思います。

──明日はロベルト・カルロスを擁するFリーグ選抜との公式戦だが、改めて意気込みを
ロベルト・カルロス選手がFリーグに来てくれることは、ポジティブな面も多くあります。また、対戦相手が僕たちであることも、僕らにとってプラスだと思っています。ただ、リーグ戦を戦っている中の重要な一戦であることには変わらないです。勝たなければいけない試合だと思っています。彼がプレーして、強烈なシュートで決めて欲しくないですが、一番良いのは彼が点を取って僕らが勝つこと。それをお客さんも望んでいるのかなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami