SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.29

【F1第15節/すみだ×F選抜】2戦2勝もFリーグ選抜の成長を警戒。「いよいよ勝ち点が取れなくなる可能性もある」(すみだ 須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月29日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第15節が行われ、フウガドールすみだは墨田区総合体育館にFリーグ選抜を迎え、2-1で勝利した。

前半はそれほどチャンスらしいチャンスを作れずにいたすみだだったが、17分に相手のミスを見逃さず大薗諒がカウンターを沈めて先制に成功する。

しかし後半立ち上がりにFリーグ選抜が勢いよく攻めてくると22分に同点とされる。その後は拮抗した展開が続くと、30分に右サイドで仕掛けた田村佳翔のシュートパスに、清水誠也がセグンドで合わせて勝ち越しに成功。試合終盤のFリーグ選抜が仕掛けたパワープレーを凌いでホームで勝ち点3を獲得した。

注目のガリンシャについても言及

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

ホームということで、自分たちが攻守にわたって常に主導権を握れるゲームにしたいと思っていました。自分の評価では、完璧にそのタスクがこなせたかは難しいです。それは 2つの要因があって、1つは自分たちの実力不足。もう1つはFリーグ選抜が素晴らしかった。その中でも自分がやった感じとしては後者の方です。

彼らのエネルギッシュで献身的な守備のスタイルに手を焼きましたし、攻撃でも4人でしっかりボールを保持してくることで、こちらのマイボールになる時間がなかなかありませんでした。相手が良かったんじゃないかなと思っています。

ただ、前回は点差がついて勝っている中で、こういう試合は難しくなります。その中で勝ち点3が取れたのはポジティブです。最後に決勝点を決めた清水誠也、アシストした田村佳翔は前半、後半と出場時間が短い中での結果でした。よりチーム内での競争が激しくなって行く、良い要因なのかなと思います。

──前節、次のエースとして誰が出てくるか楽しみと話していた中で、ガリンシャ選手を獲得したが、彼への評価は
彼は非常に周りを機能させる選手だと思っています。自分でゴールを狙えますが、自分たちが目指している全員が躍動して行くスタイルにフィットすると思っています。獲得前からそれを確認した上で呼びました。

チームに参加しても、プレースタイルも人間的にも自分たちのマインドに合っています。彼自身が、今日みたいな膠着したゲームの中で決定付けるプレーをする可能性はありますし、逆に彼とすることでそういう回数がより増えていくという考えもできます。そういう意味で、彼が全てを変えるというよりは、彼が入ることでチーム全体が変わる。そういう選手です。

──Fリーグ選抜と2度目の対戦を受けて、改めて彼らへの印象は
間違いなくどのチームにも勝ち点を奪える印象です。その中でより決定付けるプレーの部分で前回と比べると、前回の方がありました。そこに関しては、勝ち点を取る慣れが出てきているのかなと思います。一方で、大胆な仕掛けができる選手が多い印象もあるので、3戦目はそれらがミックスしてくるので、より警戒しなければいけません。いよいよ勝ち点が取れなくなる可能性もあるでしょう。その2つが合わされば脅威だという印象です。

──次節への意気込みを
次節は名古屋で名古屋戦があります。ガリンシャが登録されれば初めて出場することになります。ただ、それ以上にチームの総合力が試される試合になります。今度は、自分たちがチャレンジャーになる立ち位置で、どういうプレーができるのか。そういうマインド持たなければいけない相手です。トレーニングからそういう雰囲気、姿勢でワンプレー、ワンプレーを大事にしてやっていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami