SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.06.23

【F1第2節/立川・府中×町田】マッチアップ少なく悔しさ滲ませる。「どんな内容であれ決勝ゴールを決めたのは彼」(皆本晃)

PHOTO BY軍記ひろし

6月23日(土)にアリーナ立川立飛で行われた DUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1第2節で立川・府中アスレティックFCはペスカドーラ町田と対戦し、3-5で敗れた。

前半に2点を先行された立川・府中は後半に渡邉知晃、完山徹一、内田隼太のゴールで逆転に成功。しかし試合終盤に3失点を喫し、ホーム開幕戦は黒星スタートとなった。

勝負の神様は細部に宿る

谷本俊介監督(立川・府中アスレティックFC)

我々、立川にホームを移して最初の開幕戦でした。クラブしても力を入れて、いろいろな演出をして試合やお客さんを盛り上げる努力してくれた中で、チームとして結果で答えられずに悔しいです。あと数分のところまで、自分たちの手の中に勝利があったので、せめての勝ち点が取れなかったことが悔しさを倍にする結果になりました。勝負の分かれ目は細かな部分。細部に勝負の神様は宿るというか、大筋として試合内容は悪くなかったですが、決めるべきところを決めるそういう細部のところだと思います。失点場面も一瞬のミスでした。後半はそれをしっかりと修正して逆転するまでは良かったですが、勝負を決める場面のパワープレーの守備でやり方の詰めが甘かったり、采配で当てる(出場させる)メンバーが悪かったり。起こった結果は仕方ないですが、仕方ないで終わらせないように次までにしっかり修正して、来週の試合で連敗は避ける。来週もここで試合ができるので、次こそホームで勝利をお見せできるように頑張りたいと思います。

皆本晃(立川・府中アスレティックFC)

色々言いたいことはたくさんあるんですけど、勝つときは運や偶然もありますが負けるときは理由ははっきりしています。言い訳する余地もないのかなと思います。内容、展開を細かく切り取ればいろいろな局面がありましたが、勝負を決めるところで昨年と同じようなミスでやられたのは非常に、非常に残念です。新しい選手、若い力も入って彼らのエラーは受け入れられます。しかし去年と同じエラーは非常に受け入れがたいものです。結果が示す通りです。これを糧にまた頑張っていきたいと思います。

──試合前には森岡選手との“舌戦”が話題となっていたが、改めて彼と対戦した感想は。
今日はほぼマッチアップする機会がなかったので。個人的な印象で言えばやりたかったです。

──そこから森岡選手のプレーを見て感じたことは
どんな内容であれ、決勝ゴールを決めたのは彼なので、 AbemaTVが正しかったのではないかと思います。それ以外の印象はないですね

▼ 関連記事 ▼

Bitnami