SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
2018.11.24

【F1第24節/すみだ×仙台】誰もがすみだの勝利を確信していたが……。「3点差を逆転されるのは監督の責任」(すみだ 須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月24日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第23節、6クラブ共同開催の2日目が行われフウガドールすみだは武田テバオーシャンアリーナでヴォスクオーレ仙台と対戦した。

前半から主導権を握り、相手を押し込むすみだは3分に栗本博生の折り返しをガリンシャが冷静に決めて先制する。そして11分には大薗諒がこぼれ球を押し込み2点リードで前半を折り返す。

前半同様、主導権を握ったすみだは23分に相手のオウンゴールを誘発し、これで3点差とする。これで勝利を大きく確信したが29分に開始した仙台のパワープレーで立て続けに失点を重ね32分に2点差、34分に1点差となり遂には同点へと追い付かれてしまう。そして35分にカウンターからゴールを決められて逆転されてしまう。

再度勝ち越したいすみだは残り4分を切ったところでパワープレーを開始。渡井博之とボラが積極果敢にシュートを放つが得点は決まらず3-4で逆転負けを喫してしまった。

守備の仕方が仙台のパワープレーに合っていなかった

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

途中まで、選手たちが昨日の試合を忘れさせるような非常に素晴らしいゲームができていたので勝たせてあげたかったというのが正直なところです。選手たちの実力は存分にピッチで発揮されたと思うので、3点差を逆転されるのは監督の責任だと思っています。

そういう意味では根性論ではなく明確な守備の仕方が仙台のパワープレーに合っていなかったのかなと思います。ですがそこは自分が自信を持ってこの戦術を採用して、それを彼らが上回ってきた結果だと思うので僕自身には悔いはないと思っています。ここで諦めずに次のホームゲームをで勝ち切りたいです。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

相手がパワープレーを始める前は僕らのゲームだったと思いますが、相手のパワープレーにうまく対応できませんでした。それと、その時間帯に主導権を握るようなプレーが出来ていれば違う結果になっていたのではないかと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami