SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2019.02.09

【F1第32節/町田×大阪】土壇場での失点で勝ち点2を落とすもポジティブな点も見えたドロー「練習でやってきたことが出せていた」(町田 岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

2月9日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第32節のペスカドーラ町田vsシュライカー大阪が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、2-2の引き分けに終わった。

すでにプレーオフ出場の望みが断たれている町田だが、この一戦では立ち上がりから良い入りを見せた。すると10分にキックインの流れからダニエル・サカイの強烈なシュートがネットを揺らす。17分には相手のパスミスを奪った中井健介から、最後は新倉康明がネットを揺らして2点リードで試合を折り返した。

後半の町田は追加点こそ奪えないものの、危ない場面も作らせずに試合をコントロールする。36分には大阪がパワープレーに移行。すると37分に1点を返されると、残り57秒にも失点を喫して試合は振り出しへ。そのまま試合は終了のホイッスルを迎え、町田は土壇場で勝ち点2を失う結果に終わった。

ポジティブな面もたくさんあった

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

集中して試合に入れましたが、追いつかれたことが残念です。ただ、ポジティブな面もたくさんあったので明後日の試合切り替えて頑張っていきたいと思います。

──ポジティブな点を具体的に

名古屋と前節に対戦した時はボールをキープされる場面が多かったので、そこを改善できように、その基準で練習に取り組んできました。前半はできたりできなかったりする場面がありましたが、後半はできることが増えて、練習でやってきたことが出せていたと思います。そこは良かったところです。

あとは、運動量の部分でセカンドボールを披露、距離を走る、いつどのタイミングでどこにポジションを取るか。そこが共有できている実感がありました。そこに関しては良かったと思います。

ダニエル・サカイ(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

悪いゲームではありませんでしたが、シーズン中に多々起きていた事象が今日もありました。前半に先制して後半の途中まで良かったですが、最後に集中が切れて失点しました。シーズンを通しての良くない点が今日も出てしまったと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami