SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.03.08

【全日本選手権準々決勝/すみだ×大阪】ブラジル人コンビの不在もさすがの逆転勝利。「次戦の名古屋撃破も、できないことはないと思っている」(大阪 小曽戸允哉)

PHOTO BY軍記ひろし

3月8日、JFA 第24回全日本フットサル選手権大会準々決勝が駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で行われ、シュライカー大阪はフウガドールすみだに4-2で勝利した。

アルトゥール、チアゴがケガの影響で欠場となったことで、“日本人オンリーでの戦い”となった大阪は4分、セットプレーから失点してしまう。しかし10分、相井忍のゴール左からの反転シュートで同点とすると、18分にも、左サイドの稲田瑞穂のシュートを相井がゴール前で合わせ、逆転して試合を折り返した。

後半、相手の勢いが強まるなかで26分に追いつかれ、34分には5ファウルをためてしまったが、大阪は勝利への意欲を見せた。同点のままなら延長という状況で36分から加藤未渚実をゴレイロにしたパワープレーを選択。これでスコアを動かせないまま延長に突入したものの、冷静な試合運びで終盤へと突入した。

迎えた延長後半、48分に左サイドからのシュートパスに芝野創太が詰めて勝ち越しに成功。後がなくなった相手がパワープレーに出てくるなかで、最後は檜山昇吾のパワープレー返しも決まって勝負あり。

日本人だけでもできるぞというプライド

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

──アルトゥール選手、チアゴ選手が欠場したなかで、リーグとは異なる戦いをする必要も出ていたかと思いますが、どう戦おうというところだったのでしょうか?

前もって彼らがいないことが決まっていたわけではなく、チアゴは最後までトレーニングをしていて、できるかどうかを見極めながらでした。ただ、試合になってみたら日本人しかいないという中で、彼らは大きな存在で誰が見てもスペシャルな選手ですから、そういう選手がいないと大阪は弱いとは思われないようにしようと、話をしていました。俺たちでもできるんだというプライドを持って戦っています。

──選手権や一発勝負に強い印象があるすみだに先制を許しましたが、落ち着いてプレーできていました。

フウガはやはりこういう大会に強いですし、今日の会場もエンジ色のユニフォームが目立っていてアウェー感がありました。それでも自分たちはやれるという自信がありましたし、しっかりと戦えば絶対に勝てると思っていたので、雰囲気に飲まれずに戦えたのがよかったと思います。

──後半の同点の場面でパワープレーを選択しました。

監督はどんなときでも勝ちにいくというスタイルですし、それに加えて、5ファウルがたまってもう1つもできない状況のなかで、仕掛けた方がいいという判断でした。自分たちがボールを持つ時間を長くして、そのなかでチャンスを狙おうというところです。その後は、延長戦で自分たちのリズムができて、(パワープレーは)しないという判断で終盤までいって、そこで点を取って、パワープレー返しでも取れました。そこは、監督を信じてみんながやっているだけなので、監督の判断が素晴らしかったのかなと思います。

──プレーオフ決勝で敗れた名古屋との再戦ですが、どうしても倒したいという思いがある。

それはやはり、ずっと名古屋が勝っているというのは面白くないですからね。環境の違いがあると言われていても、そこに引けを取らないという思いでやってきているので。ただそれを言うためにはやはり結果を残さないといけないと思います。そのためにも絶対に勝たないといけません。

──一発勝負でも、名古屋は名古屋。

今日の試合もそうでしたが、苦しみながらも勝ち切るところは名古屋だと思いますし、リーグ戦を通して一度も負けなかった強さは、こういう大会でも変わらないのかなと思います。

──ただ今シーズン唯一、プレーオフで勝利を挙げたのも大阪です。その意味では、俺たちが倒すんだという思いもあるのではないでしょうか。

プレーオフで勝ったことや、(第2戦でも)最後までわからないというところまで持っていけたことは、自分たちの自信にもなりました。ただ、とにかく負けた悔しさがあるので、そこは最後にリベンジというか、明日勝ちたいという思いがあります。簡単ではないと思いますが、できないことはないと(プレーオフの)2試合を通してみんなも感じています。悔しい思いをしている分、そこへの思いは強くなっていますね。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami