SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.06.17

【F1第1節/大阪×F選抜】比嘉・大阪の完成はまだまだ先?「練習がまだ少ない」(比嘉リカルド監督)

PHOTO BY本田好伸

6月17日(日)に行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の駒沢セントラルで、シュライカー大阪はFリーグ選抜と対戦し、6-2と快勝した。

開幕戦から攻撃陣が爆発を見せた大阪は、前半のうちにチアゴ、アルトゥールがそれぞれ2ゴールを奪取。後半に入ると、チアゴがハットトリックを達成し、小曽戸允哉にもゴールが生まれ、Fリーグ選抜を大きく突き放して白星を飾った。

盤石の試合運びで掴んだ開幕戦の快勝

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

前半から良いリズムを作り4点差にできました。それが止まらないように、もう一度後半も離せるように、同じリズムできるようにとハーフタイムで指示を出しました。相手も粘りましたが、僕らとしても良い試合運びができました。開幕戦で勝利できて良かったです。

──攻撃の部分で去年からプラスしていきたい部分は。
セットプレーも合わせにくいことがあります。練習ではパターンではなくシステムに入れるようにしています。しかし試合になると反応するかどうかが難しいです。練習がまだ少ないです。去年のやり方からうまく成長していると思います。(今日も)6点取っていますし。試合にも勝っているので、自分の指示を出すことは難しいです。選手が迷わないように、不安にならないように。(新しいことに関しては)練習でやらせるしかないですし、そこから試合で使えるようにしていきたいです。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

リーグを迎えるにあたり、開幕戦は大事だと思って(試合に)入っていきました。勝ち点3を取ることだけを考えて、それが実行できて良かったです。

──Fリーグ選抜と対戦して彼らの印象は。
若い選手が多いということでよく走るなと。技術的にもすごく高いです。やはり、経験の部分やマッチアップ。うちのチアゴや相井など体が強い選手とのマッチアップで、耐えきれなかったのが大きいと思います。そこでこちらはチャンスを作ることができましたし、相手は試合を難しくしたポイントだったのかなと思います。

■【DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1】第2節PV

▼ 関連記事 ▼

Bitnami