SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.14

【F1第14節/町田×すみだ】名古屋と離れ、2位争いが激化する中「まだ諦めていない」(町田 岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月14日(金)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第14節が行われ、ペスカドーラ町田はホームの町田市立総合体育館に、フウガドールすみだを迎え1-0で勝利した。

金曜のナイター開催となった東京ダービーは、前半から町田が押し気味に試合を進めるがゴールレスで試合を折り返す。それでも27分にはGKピレス・イゴールのキックから、前線に走り込んでいた宮崎貴史がバックヘッド。これがゴールネットを揺らして、町田が先制する。その後はゴールこそ生まれなかったが、そのまま逃げ切り町田が白星を飾った。

潤滑油として活躍する宮崎貴史についてもコメント

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

試合開始から最後まで、選手たちが高い集中力で続けてくれました。それが勝因だと思います。第1クールは失点が少し多かったのですが、最近は減らすことができています。このまま一戦一戦を戦えるように。

──宮崎選手がボール回しなどの面で潤滑油のようにプレーしている印象だが、彼への評価は。
地味ですが、ああいう仕事をしてくれる選手がいることでチームが組織としてうまく回ります。フットサルはチームスポーツなので、そういうプレーに注目されることは嬉しいです。派手なゴールを決めたや止めたなどゴールに直結するところだけではなくて、その1つ前、2つ前で彼らが貢献してくれる。そこを見てもらえているのは凄く嬉しいです。

今日みたいにハードワークできる選手で、攻守にしっかり走れて、サポートの質、戻りの速さなどがあります。裏にボールが出された時もいち早く押し上げてくれます。そういうプレーをひたむきに練習からやっていますし、それは彼の長所です。ただ、技術的にも優れたものを持っているので、もう少しコンディションが上がってくればミスは減らせると思います。

──第二クールから失点が減った要因は。
前からしっかりプレスをかけるところがこれまでの町田の強みでした。そういった点を強調して練習に励んできましたので、その成果が少しずつ出始めているのかなと思います。実際のところ、1カ月半前からそれに特化したようなトレーニングをしていました。

やはりすぐにはできず、徐々に良くなって、最近は少ない失点で戦えていると思います。後は、ハードワークの部分で、少しでも遅れたら失点に繋がるかもしれません。そういった失点の可能性をみんなで減らしていこうという話をしています。プレスやトラジションのところで前進できていると思います。

──名古屋との勝ち点差が大きく離れている状態だが、そこを追いかける意識で戦うのか、2位争いも激しい中でそちらに意識があるのか。
わかりやすく言うとまだ諦めていません。いずれにしても、目の前の試合に全力を尽くしてやるしかないです。もし今が最下位でも、中位でも、1位でもやることは変わりません。諦めていないとしか今は言えません。

ダニエル・サカイ(ペスカドーラ町田)

良い試合ができたと思います。終始ゲームコントロールはできたと思っています。ただ、チャンスがあった中で点が取れず、そこで難しくなりました。とはいえ、最近はホームゲームで不安定な結果でしたが、1-0というロースコアのゲームでしたが、ホームで勝てたので良かったと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami