SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2019.02.22

【最強のブラジル人トリオ/前編】3人で総得点の半数超え! フットサル大国から来た無敵の助っ人が語る、名古屋無敗の理由

PHOTO BY

レギュラーシーズン33試合で88得点。

名古屋オーシャンズに所属する3人の外国人選手、ペピータ、ヴァルチーニョ、ルイジ―ニョは今シーズン、チーム総得点(172得点)の半分以上をたたき出した。その数字を見るだけでも、卓越した実力を推し量れるだろう。だから当然、名古屋になくてはならない選手たちだ。

彼らはどうして、ゴールを量産できるのか。その謎が解ければ、リーグ戦33試合無敗という、名古屋の圧倒的な強さのワケが見えてくるに違いない。最強にして無敵のブラジル人トリオを直撃した。

<後編>
【最強のブラジル人トリオ/後編】3人の“オフ・ザ・ピッチ”に迫る。プレーは最高でも、日本語は最弱?

強さの理由は、全員がコミュニケーションを取れたこと

──プレーオフ決勝を控えていますが、ひとまずリーグ戦33試合を終えていかがですか?

ペピータ 今シーズンはとてもパワフルで強いチームです。しっかりと結果が出ていますし、プレーオフ決勝でも同様に力強いオーシャンズを見せたい。でも、これまでどんなにいいパフォーマンスを発揮できていても、決勝で勝たなければ意味がない。しっかりと勝ち切りたいですね。

ルイジーニョ その通り。今シーズンは安定していました。だからこそ負けないで終えられました。いいときも悪いときもチームのパフォーマンスがブレなかった。その力を決勝でも発揮したいですね。

ヴァルチーニョ それに、みんなが一つになって集中できています。プレーオフ決勝の2試合は「勝負」になりますし、最後の試合ですから、悔いが残らないように全力を尽くしたいです。

──無敗をキープできた大きな要因はなんだと思いますか?

ペピータ チームが一致団結できています。それが一番のカギ。長い間、一緒にプレーしてどんどんまとまっていきました。苦しいときでも、チームがどんな目標でどのように戦うのかが明確だったので、負けてもおかしくないような試合でもしっかりと勝ち点を得ることができたのかなと。

ヴァルチーニョ 一人ひとりの意識が高いからね。お互いが刺激し合いながら過ごしている。その意識のまま、一戦一戦、決勝のような気持ちで集中を切らさないで戦えたからこそ、安定していたと思います。

ルイジーニョ そうだね。高い集中力で臨めていたし、目標を定めてチームとして戦えていたこともそう。あとは、練習でやってきたことをいい形でピッチで表現できた。全員がコミュニケーションを取り合えたからこそできたのだと思うし、それが今の強さにつながっていると思います。

ペピータ あとは努力を続ける精神力。一人ひとりが毎日欠かさずに向上心を持っていたし、それが今シーズンはより一層、強かったのかなと感じています。

【次ページ】3人は互いになくてはならない“相棒”

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami